おうち花マイスター*本多るみ
こんにちは^^ 
花と暮らせるようになる♪
【3分フラワーアレンジ】*本多るみです♪

『花贈りの便利帖』『花屋さんになろう!』著者
TV/雑誌などに取り上げて頂いております




私はしょっちゅう「0円フラワーアレンジ」を載せているけど
それは「花屋さんに行けない」から だったりします。

IMG_0130_20211120180154145.jpg


イベント時以外は、
切り花はほぼ「束売り花」しか買えないです。
「花屋さん」に買いに行ける時がほとんどないから。


苗を買うのも 春・秋の植え替え時の ほぼ2回。
そして育てて、切って飾る✨
初期費用はかかっているが摘んで飾るのは0円✨
   



今は共働き家庭がふつう。 

同じように、
「花を買いに行ける時間」って、なかなか、ないと思う。
「手入れをする時間」もないと思う。


私が「すごいフラワーアレンジ」を載せないのは
「毎日できないから」。





雑誌やTVやカレンダーの
フラワーアレンジの写真は
もちろん とっても綺麗です!

だけど、あれは
材料費がウン万円...どころかウン十万円...のものも。

もちろんめっちゃ素敵!! だけど
庶民の家では無理無理のムリゲー。



あればっかり見ていたら
そりゃあ「私には花なんてムリ」になってしまう。



じゃないの!
じゃないの!
あれだけが花じゃないの!




花屋さんに行く時間がなくても
手入れの時間がなくても

「それでも、お花はできるよ!」✨

を伝えたいから。
  


花を買わないことを推奨したいのではありません。
だって もと花屋だもんさ。 んな訳ではない^^;



頻繁に花屋さんに買いに行けなくても
「だから自分には花はムリだ」
って諦めなくていいよ!


っていうところから伝えたいから。




「花屋さん」は ただでさえ、ハードルが高い。
  
毎日のちょこんとした花のある暮らしを
楽しんで送れるようになったら

その次の段階に
花屋さんに「行ける」ようになる。


と、わたしは思ってる。(経験則)  


   
わたしは、
「花屋さんに行くことができる」ようになるまでの
橋渡しがしたい。


だから
「0円」 や 「束売り花」 から伝えたいの。



花屋に「行けない」を罪悪感にしないために。

  



あなたには 花を触る資格がない

だなんて、誰も言わないよ。


もし誰かが言ったとしても
それを気にする必要はないよ。



「だから自分には無理」

なんて思う必要は これっぽっちもない。




ほら、赤ちゃんもやってる。
小さな子どもも やってる。
買わなくたって できる。


それを見せたいから
このブログを始めたんです。


我が家の等身大。


元花屋店長でも
TVや雑誌みたいな「すんごい花」は
飾ってないよ!!


って 見てほしいの。


そして安心してほしい。


それがわたしが
0円や 束売り花 苗1個 の
フラワーアレンジをたくさん載せている理由。



安心してね。
それでも、花は、楽しめます!




もっともっとぶっちゃけ話は
ネットに載らないメルマガでお話してます^^

目からウロコが100枚落ちる
【お花の基本のき】もついてくるメルマガはこちら



 
花のあるうちになれるメールレッスンL






こんにちは^^ 
花と暮らせるようになる♪
【おうち花マスター講座 動画レッスン】主宰*本多るみです♪


久々に 「頭を垂れるひまわり」を見ました!✨

21-08-07-12-35-31-075_photo.jpg


この、タネの重さに耐えられない
どっしり重い!見るからに重い!頭
ああーーー懐かしい!✨

子どもの頃のひまわり って みんなこうだったな^^

21-08-07-12-36-28-207_photo.jpg



最近の小輪やカラフルなひまわりも
それはそれで可愛いし好きだけど
やっぱりこの

どどーーん!! 
ずしーーん!!
 も 見たい💕



こう、1粒1粒を見ると

21-08-07-12-35-21-629_photo.jpg


ヒマワリは
この粒1個が1つの花なんだ

この小さい花がいーっぱい!集まって
「ヒマワリの形」ができてるんだ


ってよく分かるよね^^ 
 (理科で↑↑「頭状花序」って習うよ)



なおかつ
「ヒマワリの種 を食べる」のも
こう、大きい1粒1粒を見るとよく「分かる」

美味しそうに見えるもんね😋

そのまま食べても美味しい
地元では お菓子にしたり
お酒にしたりもしてます😋

ちなみに絞ると「ヒマワリ油」サラダ油コーナーで売ってるし

リスの餌としても売ってるけど、ヒトも食べるよ。



「お花(植物)は!
 食べるもの!」


って、みんな思ってない気がするけど
食べ物だよ✨


食べるのも、飾るのも、同列に思ってるワタシ



生まれ育った家でも祖父母宅でも
育てて摘んで飾って食べるのが「あたりまえ」だったから
そう思ってるんですよねえ。



植物・花は 生き物 で 食べ物 。


ほかの生き物は地球の仲間。
みんなで食べる。


それを当たり前に見て愛でて育ったので
それをもっと学びたくて
=「農学」を学んで、花屋さんになりました。


しかしここで!


花=芸術品 にしか 
ふつうは見てないようだ・・・



ということを知るのでした、私的にはビックリ!

もちろん 「芸術品な世界✨」 も良いのですが

「おうち」では
「見て摘んで飾って食べる」姿を、感じたほうが
「#毎日の暮らし」に近くなると思うの。


毎日植物食べてるんだもの。


お米
21-08-07-12-38-36-322_photo.jpg



ご飯やパンを作る麦 も 雑穀の粟

mugi-lib.jpg
(↑写真素材・フォトライブラリー)





三大穀物のもう1つ
トウモロコシ




ぜんぶ、同じイネ科の草。



あとは地域によって主食になるのは  かな。
もちろんお豆も植物。

21-07-03-19-30-10-766_photo.jpg


そうそう! お芋 も主食だよね!
もちろん芋類もみんな植物で 花も咲く^^






毎日食べてるご飯は
植物か
植物を食べて育った動物。



つまりいつでも花を食べているのだ。



だからわたしは
食べる と フラワーアレンジを 分けない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




食べる延長で
生えてた時の姿
花が咲いてた時の姿
繋げて「見える」ようにしていきたい。


その世界が わたしには
「興味いっぱいでおもしろい!」 から
伝えたいと思うんだなあ。

特に 「生きる」を学んでいく子どもたちに。
伝えていきたいなあ。


そんな「食べる」も「フラワーアレンジ」もいっしょくたな
農学士 で 元 花屋店長 で 元調理部員による

花を食べたり 生活用品にする話 薬にする話

「え?花って そんなだっけ??」

ちょっと他の 花の先生 からは聞けない花の話
まだお読みでなかったらこちらからどうぞ^^



ではまた ^ー^/


 
花のあるうちになれるメールレッスンL


わたし、本多るみは こんな活動をしています^^

「ワーママでも毎日ホントにできる! 超カンタンな」 
お花の買い方・
お手入れ・基本の飾り方がわかる♪
『おうち花基礎講座メルマガ』(無料)

 
「お花屋さんのアレンジ」がぜんぶ! スーパーの束売花でできちゃう通信講座♪
ただいまのお申し込みは 9月のコンテンツ
「子どもと拾った木の実で作って1年着せ替えして楽しむ簡単リース」から^^
段階的に ブログの内容+α から始まりますので安心してね♪
 
基礎が心配な方には 【基礎講座】があります^-^/ 
基礎が分からないままプロになってしまった花屋さんや教室の先生にも人気♪
こんにちは^^ 
花と暮らせるようになる♪
【おうち花マスター講座 動画レッスン】主宰*本多るみです♪


突然ですが。。。

お米の花、見たことあります?



「え? お米?
 お米に 花なんて咲くの?」


って 思うかも?


お米は、植物です。
イネ科の草です。

=その辺の「猫じゃらし」の仲間です。



こういう姿なら、思い浮かぶかも?








「んん? 花??
 花って、どこ???」



イネの仲間の花は
花びらがありません。


これが イネの花^^

21-08-07-12-38-36-322_photo.jpg


イネの花は
「自家受粉」と言って
自分の花粉でも 受粉できます。


  *ほかの個体の花粉じゃないと
   受粉できない!(実ができない)という
   植物もあります。
   (他家受粉)


しかも、風で受粉できるので (風媒花・ふうばいか)
虫や鳥が来なくても
じぶんひとりで
実がつけられる
すごい植物なんです!



1つの花が開いている時間は
2~3時間ほど。

すぐに閉じてしまいます。


とはいえ、
すべての花がいっせいに咲くわけじゃないので
8月なら、花が見られると思います^^(関東)


田んぼが近くにあったら
ぜひ 見に行ってみてね。

もう花は終わってる気もだけど
ふくらみはじめたお米を見るのだって 良いでしょ^ー^*



「お米って何なのか」


「知らない」子が多いと思います。




お米=「スーパーで売ってる白い粒」

じゃなくて!!



生き物なんだ、ということ。

この草の、このタネが、「お米!」
殻をむいたらお米が出てくるんだと
「知ってる」かどうか。




親世代も「知らない」(見たり触ったりしたことない)人は結構いるのでは。
都会育ちだったら「知らない」よね。


知らないことが悪いのではなくて

「知ろうとする」こと
「伝えようとする」ことが
だいじなんじゃないかな
 と思うのです。




「お米って、何なのか」



見ることができる環境があったら
ぜひ、見よう。
伝える時間を持ってみて。


コレがお米だよ。って。



お米って、草なんだ。
この草は、お米なんだ。




目で見て、できれば触ってみる。
とっちゃだめよ。

香り、質感を感じて

味は知ってるけど
それ以外知らなかった。

そんなお米を「知る」




自分は何を食べているのか


お米だけじゃなく
野菜もお肉も魚も
「知らない」ことが増えた現代

意識して「見る」「触れる」「伝える」
ことが必要だなあ、と
子どもを持ってひしひしと感じました。




だから
自分の子どもたち以外の
子どもたちにも 伝えたいな。



息子4歳のとき
小学校田んぼで
そう実感しました。

「あなたが食べているのは、他の生き物だよ」




娘0歳から
お米見せてきたけど

まあ、すぐ忘れます!ので
毎年伝えております。


娘は来年田植え担当なんだけど
実施できるかなあ~~??
実施してほしい!!




ちなみに 息子の

学校田んぼでの
田植えのようすはコチラで詳しく!






稲刈りのようすはこちらです。




両方とも、ワタクシ
ばりばり気合を入れて
一緒に参加しました^^♪♪


親も一緒にできるなんて
最高です、ありがとうございます!感謝。



田植えの話、お米の話
いっぱい書いてますね、私。
こだわりあるんだな。


田んぼの生き物たちも大好きです。


たんぼで遊び学ぶ隊員
いつでも大大大募集中です^ー^*


ではまた^ー^/


 
花のあるうちになれるメールレッスンL


わたし、本多るみは こんな活動をしています^^

「ワーママでも毎日ホントにできる! 超カンタンな」 
お花の買い方・
お手入れ・基本の飾り方がわかる♪
『おうち花基礎講座メルマガ』(無料)

 
「お花屋さんのアレンジ」がぜんぶ! スーパーの束売花でできちゃう通信講座♪
ただいまのお申し込みは 9月のコンテンツ
「子どもと拾った木の実で作って1年着せ替えして楽しむ簡単リース」 から^^
段階的に ブログの内容+α から始まりますので安心してね♪
 
基礎が心配な方には 【基礎講座】があります^-^/ 
基礎が分からないままプロになってしまった花屋さんや教室の先生にも人気♪

 
こんにちは^^ 
花と暮らせるようになる♪
【おうち花マスター講座】主宰*本多るみです♪


我が家の子どもたちも
夏休みまで あと2日!
になりました。


そこで今日は
ちょっと予告していた

「自由研究何したらいいですか?」


にお答えしたいと思います。




ビデオでもしゃべりました






ビデオと似た内容ですが
ブログ記事再録はコチラ。


<その①>

「夏休みから種まきして
 夏休みのうちに(30日で) 花が咲く植物は
 何がありますか」


 に対しての回答。

10年以上前の記事ですが
私の考えは同じままです。


「子供に何を学んでほしいのか」視点です。






これを、もっと詳しく語ってみました。



①「正解」を持たせたい親の望み
 

②研究には「正解」がありません。
 【体験を通して考えたこと】こそが重要!

 

③先生に研究テーマを決められてしまった;;という時 読んでみて
 

④「何をやったらいいのか見当がつきません!」 という時


 






ざっくり同じようなことを
ビデオでしゃべっております。


我が家の小さな小さな庭を
ぐるりと見まわして

「この数平方メートルの庭の中に
 どれだけ題材があるかなあ?」


っていうのを見つけながらお話してます。


まさに、
「今、視界に入れて気づいたこと」

しか喋ってませんが

この中でこれだけあるんだから

こどもの見ている世界の中には
数えきれないくらい山ほど!

少なくとも100個はありそうですよ~~




どうぞ、一緒に

「子どもに戻って」

世界を見てみて。^^





ぜったい楽しい!!

ってわたしは思ってます。



わたしが楽しい^ー^*







こどもにもどる。


おすすめの元気復活法です♪




今日、この ジャングルな庭
草むしりしました。

スッキリしたけど
スズメガのサナギが3つも
転がり出てきました>▽<
  ↑
これも
なんで
転がって出てくるのか
不思議で!
思わず調べちゃいました
 
もう1こ 不思議はっけん!>▽<*




ではまた^-^/



花のあるうちになれるメールレッスンL


わたし、本多るみは こんな活動をしています^^

「ワーママでも毎日ホントにできる! 超カンタンな」 
お花の買い方・
お手入れ・基本の飾り方がわかる♪
『おうち花基礎講座メルマガ』(無料)

 
「お花屋さんのアレンジ」がぜんぶ! スーパーの束売花でできちゃう通信講座♪
ただいまのお申し込みは 「束売り花1個でできる♪カンタン可愛いケーキアレンジ」 から^^
段階的に ブログの内容+α から始まりますので安心してね♪
 
基礎が心配な方には 【基礎講座】があります^-^/ 
基礎が分からないままプロになってしまった花屋さんや教室の先生にも人気♪

 
こんにちは^^

野の花も 束売り花も 
お花屋さん級に飾れるようになる♪
【おうち花マスター講座】主宰*本多るみです

雨が増えて
ぐわっっっ!!と!
草木がものすごい勢いで伸びていますね。


そんな5月~6月は

草刈りの時期・・・・


どこからともなく
「きゅいーーーーーーーーん!!!」
という音がして

根こそぎ刈られていく時期でございます。


うち賃貸ですけど
毎年 とくになにもされてませんでした。

1F住人の私が
日々草むしりをして
お隣さんが種まきして代々花を咲かせている草花たちも
お手入れしているから

別に
草ぼうぼう「じゃない」んですよ。


だから 先月

「きゅいーーーーーーん!!!!!」と
近くで音がしても

向かいの駐車場だろうと思っていたら・・・・


なんと!!
ウチでした T0T





あのね




あのね






大大大大大しょっく ToT



いつのまにか
タネがどこかからやってきて芽が出て
2mほどに育ち
今年初めて!
めちゃんこ可愛い
うつむいた花を咲かせてくれたこの
桜も

ExizX87VgAMgAXn.jpg
Ex9rTzsVcAYntv2.jpg

Ex9rS-DUYAApHKD.jpg
Ex9rTYQUcAEuOA3.jpg




昨年秋、突然咲いてびっくり!!
こちらもいつのまにか
どこからかやってきて
可愛い花を咲かせてくれた

野生クレマチス・「仙人草」も

41678513_2111770065535071_8457289058253537280_n.jpg

72853194_2767492993296105_47082097218682880_n.jpg


春になってもりもり!伸びたので
既に支柱に絡ませて
周囲の草は整理してありました
(ちょうどこれから花の植物はある)

21-04-10-13-00-25-817_photo.jpg



なのに

なのに





完膚なきまでに
刈り取られました・・・・・ T0T




うつぎの花がつぼみたっぷり!
今にもたわわに咲きそうで
めっちゃ楽しみにしてた・・・ToT


ハルジオンと
赤花夕化粧が咲いてて

スイセンノウのつぼみがあがってきてて
シシリンチウムの葉っぱが伸びてきてて
キバナコスモスの芽が出てきてて


ぜんぶ
だいじでした T0T




お兄さんに頼んで
トラックの荷台をあさり

桜の枝と
仙人草のツルを何本か回収

挿し芽にしました



うつぎは
花はめちゃくちゃ悲しかったけど
木の株が明らかに残ってたので
たぶんまた生えてくると見越して諦めました




お兄さんは
上から「刈ってこい」とだけ言われて
もちろん 刈るのが仕事なんだけどさ


現場に来て
花畑だったら
住人に話を聞いてくれ・・・_| ̄|○



今度から
あのお兄さんが
そうしてくれることを
切に願うわ ToT




花を咲かせてるかわいい草花も
つぼみが伸びてきてる草花も
単なる殲滅対象にしか見えないのかもしれない



今回は、たまたま
我が家に来た草刈りの話だったけど

彼岸花のつぼみが上がってきたことろで
河川敷じゅう殲滅されちゃうとか

コジュケイとか野鳥の営巣時期に
営巣場所を殲滅とかも

あたりまえのように起きてて・・・


わたしはそういうのが
すごく すごく 悲しいです ToT




「殲滅」があたりまえの草刈りは
ほんとうにものすごく疑問だし
なくなっていってほしい。






下草刈りは だいじです。
お手入れは だいじ。



でもそれは

全滅させるのとは 違うんだよ。



って 伝えるには どうしたらいいのかなあ。 ToT






昨日ははちょうど
「国際生物多様性の日」
この記事を書いていたけど

まとまらなくて
今日になってしまいました^^;;



ぜんぶのいのちは 繋がってる。


「そこに住んでいる生きもの」 に敬意を。




自分だけ
人間だけの土地じゃない。



植物も 動物も いるっていうことを
忘れないでほしいな。




まとまらないけど
あんまり悲しすぎたから
残しておきたくて 書きます。



*その後
 サクラの切り株からも
 根までえぐられてた仙人草も
 芽が生えてきました!!
 いのちってすごい!!!

 挿し芽にしたぶんもいくらか
 芽が出てきてます^^

 大事に育てたいな。
21-05-20-15-00-28-034_photo.jpg
21-05-20-15-01-06-573_photo.jpg


 

ではまた^^




 
花のあるうちになれるメールレッスンL


わたし、本多るみは こんな活動をしています^^

「ワーママでも毎日ホントにできる! 超カンタンな」 
お花の買い方・
お手入れ・基本の飾り方がわかる♪
『おうち花基礎講座メルマガ』(無料)

 
「お花屋さんのアレンジ」がぜんぶ! スーパーの束売花でできちゃう通信講座♪
ただいまのお申し込みは 「束売り花1個でできる♪カンタン可愛いケーキアレンジ」 から^^
段階的に ブログの内容+α から始まりますので安心してね♪
 
基礎が心配な方には 【基礎講座】があります^-^/ 
基礎が分からないままプロになってしまった花屋さんや教室の先生にも人気♪

 

こんにちは^^ 
花と暮らせるようになる♪
【おうち花マスター講座】主宰*本多るみです♪


ときどき、こんな風に

子どもが飾ったフラワーアレンジ とか

子どもの花あそび(桜のお花見)
  (庭の花でポプリ作った♪) とか

ブログにUPしたり
メルマガに載せています。


21-03-27-09-10-31-474_photo.jpg

21-04-05-13-29-24-938_photo.jpg

sakup02.jpg

21-04-03-12-44-01-239_photo.jpg

21-04-05-19-21-49-280_photo.jpg

53869312_2377120982333310_3756814864543121408_o.jpg





子どもの遊び
=簡単ですぐマネできる 

そのうえに

【お花感性】を取り戻すのに
とっても良いお手本!
だからです。





わたしも

・干してみる とか
・干し方 とか
・色使い

・組みあわせ
・器えらび
・使い方  などなど

めちゃくちゃ参考にしています。



なにより
大事なのが

ただ
「楽しいっっ!!>▽<*」っていう
”気持ち” 






なんだけど

こうして「子どものやること」をメルマガに書くと
結構な数のメルマガ解除があります。


なんでだろうな??


●子どもいないから関係ない とか


●そんな簡単なことくらいできる
  ↓
●こんな下等なものいらない


とか、思うのかな?





「自分には子供がいないから関係ない」
「自分はもっと高等なことが知りたいから
 こんな子どものあそびなんてくだらない」


って思うかもしれないけど



「子どもがやること」 っていうのは

【感性】がたいせつな分野において

ものすごく
ものすごーく
ものっすごおおおおおおく!!

そりゃもう
むっちゃくちゃに
重要です。



「子どもがやること」 と
バカにしないよう
お気をつけて。

「子どもの感性に戻ること」こそが
めちゃくちゃ重要です。




まあ 要するに


純粋に
ただ 
「楽しいっっ!!>▽<*」
「うれしいっっ!!>▽<*」

って花に触れる
”気持ち” ”喜び”

です。





結局、いちばん根っこの
純粋な

「すき」
「たのしい」
「うれしい」

が「ない」花飾りって味気ないし

なにより 
本人が楽しくないんじゃ
意味ないのでは?





このブログやメルマガに出てくる
子どもの話

めっちゃくっちゃだいじ。


あなたも、昔、子どもだった。
道ばたのタンポポ、きっと摘んでた。



子ども時代を
思い出してほしい。




子どもみたいに
楽しむことができたなら。

子どもみたいに
フリーダムな思考回路でいられたら

サッと花選んで
パッと飾れてますよ。

悩むなんてことは ないでしょう。





「子どもと同じように感じる心」を
思い出してくれたら嬉しいな。




「子どもの視点」に
もどってみると 楽しいよ。



っていう話なの。




「簡単」な話を書くと不満だ、というのは
だいたい、長く読んでくださってる
メルマガ読者さんだったりするので

おそらく

「もっと先」
「もっと上級編」
「もっとすごいこと」

が知りたいんじゃないかなあ、
とは思うんだけど。




何を学ぶにも
学ぶには「身につける順番」があるので

「もっと先」
「もっと上級編」
「もっとすごいこと」を

いつでもどこでも誰でも
見られる媒体には載せられない
です;

はじめて見る人が混乱しちゃうでしょ。


それはもう、
ブログやメルマガが

いつでもどこでも誰でもすぐに見られる
媒体である以上、
この先も変わらないです。





「もっと先」
「もっと上級編」
「もっとすごいこと」
 って言っても

わたしがお伝えできることは あくまでも


●金額的にも技術的にも継続的にも
 「おうち」 で 「実際にできる」内容

●一瞬の美、じゃなく、
 ちゃんと花の寿命ぶん楽しめる内容


という確固としたコンセプトがあるので


斬新なデザインとか
最新のデザインとか
いかに豪華な材料を使うか、とか

そういう系統には
わたし自身がまったく興味がありませんので出てきません。



●自分で花を選べるようになりたい
●自分で器を選べるようになりたい
●器に合った花が活けられるようになりたい
●季節に合った花が活けられるようになりたい
●目的にピッタリで喜んでもらえる花を飾りたい



=「サッと予算と目的に合わせて
  喜んでもらえる花を 飾れる自分」 になりたい!


と思う人が

実際にそうなれるための内容しか やりません。



その目的こそ
一致している!
 と思ったら


ブログやメルマガの「最初の一歩」より
もっと先に進みたくなったら


講座の門をたたいてくださいね。


自分のペースでできる「動画レッスン」のほか

今年は「対面またはZoom」で
「あなたの場合」をみっちりできる講座も
開催予定です^^



ではまた ^ー^/


 
花のあるうちになれるメールレッスンL


わたし、本多るみは こんな活動をしています^^

「ワーママでも毎日ホントにできる! 超カンタンな」 
お花の買い方・
お手入れ・基本の飾り方がわかる♪
『おうち花基礎講座メルマガ』(無料)

 
「お花屋さんのアレンジ」がぜんぶ! スーパーの束売花でできちゃう通信講座♪
ただいまのお申し込みは 「束売り花1個でできる♪カンタン可愛いケーキアレンジ」 から^^
段階的に ブログの内容+α から始まりますので安心してね♪
 
基礎が心配な方には 【基礎講座】があります^-^/ 
基礎が分からないままプロになってしまった花屋さんや教室の先生にも人気♪

 

こんにちは^^ 
花と暮らせるようになる♪
【おうち花マスター講座】主宰*本多るみです♪


先週の写真ですが
行ってきました~!
お花見さんぽ^0^*


sakura01.jpg

sakura02_20210405095542853.jpg

sakura03.jpg

sakura04.jpg



こぶしも綺麗!

kobusi04.jpg

kobusi06.jpg



んで。


桜に限らないけど
お花がいっぱい咲いてたら
これが定番^ー^*


くんくんして

sakup01.jpg


ちゅーちゅーして

sakup02.jpg


摘んでさわって

sakup03.jpg
sakup05.jpg

桜の花の蜜は
ちょっとサワヤカな甘さ
だと思うワタシです。



くんくんすると
鼻に花粉がいっぱいついちゃうし

花の蜜舐めようとすると
蜜入ってるのと
入ってないのあるんだよね。


ひらひら散る花びらをキャッチ!!
する遊びもね^ー^*
  ↑
これは、お弁当食べた時
周りにいた小学生くらいの子どもたち
み~~~~んな、やってた^^
わたしが嬉しかった!>▽<*




花びらのつき方も
花びらの色も
花びらの質感も
傷つきやすさも

ぜんぶぜんぶ 感じて。



*これは今日、
 新学期、クラス発表の学校帰りに
 娘が拾い集めてきた
 桜と椿の花びらかざり^^(娘作)

21-04-05-13-29-24-938_photo.jpg

 色が濃いのと薄いのとある って
 じぶんでちゃんと感じてる




それが嬉しいな

って思う。




見る・嗅ぐ
触れる・味わう

鳥の声やはばたき
虫や風のおとを聴く

五感まるごとで
「感じる」



そんな体験を
たくさん、たくさん
してほしいな。






桜が咲いてるときは格別!の
木登り
も。

21-03-27-13-54-23-201_photo.jpg


みどりの中での木登りや
葉っぱの落ちた木登りもいいけど

この桜満開の中の木登りって
ほんとに最高!

21-03-27-13-56-11-423_photo.jpg


この位置から見る桜も空も景色も
いつもとぜんぜん違うんだよね。



って、ワタシはもう
身体が重くて登れないけど。


わたしも子どもの頃見た景色
感じた感覚



子どもたちにも見て
感じてほしいんだ。



感覚の共有、というか

この「感じ」を
伝えたいと思う。


 *実際登っているのは2mほどですが最高だそうです




この日は
娘と公園の
端から端まで
久々に歩いたよ♪

公園にたどり着くまで と
桜の場所にたどり着くまで も
たくさん 路傍の花、野の花の
写真を撮りました^ー^*

そちらはまたUPしていきますね~
Twitterにはどんどこ毎日UPちゅう




ではまた ^ー^/


 
花のあるうちになれるメールレッスンL


わたし、本多るみは こんな活動をしています^^

「ワーママでも毎日ホントにできる! 超カンタンな」 
お花の買い方・
お手入れ・基本の飾り方がわかる♪
『おうち花基礎講座メルマガ』(無料)

 
「お花屋さんのアレンジ」がぜんぶ! スーパーの束売花でできちゃう通信講座♪
ただいまのお申し込みは 「束売り花1個でできる♪カンタン可愛いケーキアレンジ」 から^^
段階的に ブログの内容+α から始まりますので安心してね♪
 
基礎が心配な方には 【基礎講座】があります^-^/ 
基礎が分からないままプロになってしまった花屋さんや教室の先生にも人気♪

 
わたしは 「お花の先生」っていうのとは ちょっと違う
って 思ってます。

わたしは、
「毎日の暮らし」を
 土とともに
 植物とともに
 生き物たちとともに

 人間も 同じ地球の上に一緒に生きている
 生き物の中の1種類


そういう 「日本人的な感覚」を 伝えたいんですよね。


日本って、世界で見たら すっごく特殊な国。

まず「四季がある!」 これ自体珍しい。

その四季の移ろいを感じて生きる、自然とともに生きる国。



雨の匂いとか
雨や雪の降る音の擬音

日本ほどある国は ほかにないそうです。

しとしと しんしん 静かに
ぽとぽと ポツポツ  ポツリポツリ
ざーざー バケツをひっくり返したように とか


1つの花(ソメイソシノ) の開花が
全国トップニュースになる
ことも
ありえないくらい珍しいそうです。


わたしは、

「日本に生まれて ほんとによかった!」

って思ってるんです。

日本って すばらしいな! って。



今くらいの季節 ・・・

●雨の匂いがする季節になったら 桃が咲く 《桃の節句(ひなまつり)》 だとか

●カエルが土から顔を出す季節だとか 《24節:啓蟄》

●「ぼたもち(牡丹餅)食べる」 って言うだけで 春だって分かったり 《春彼岸・春分の日》

春の風景 モクレンと桜


●こぶしのつぼみが ほころびはじめたら 田んぼを耕すとか 《コブシ=「田打ち花」》

●桜の花は 儚いからこそ 美しいとか 《国花・桜》

●端午の節句(子どもの日)は ミカンの花の香りがするとか 《童謡・鯉のぼりの歌詞》


れんげの田んぼ



そういう 日本人的な感覚 が とても好き。

 
わたしは こういう風景を 憶えているし 知っているので

これをどうしても、「子どもたちにも見てほしい」 と思うのです。

 
 
もう こうして
自分で撮った写真選んで載せてるだけで!

これらの風景が
涙が出ちゃうくらい 懐かしくて 愛おしいんです。



毎日の 風のにおい 雨の香り 空気の匂い

木々や草花のそよぎ におい 

咲かせる花の 美しさ 香り

そこにあつまる 生き物たちの いろとりどりの暮らしぶり


七夕の風景 竹とあじさい


海に囲まれて
森と川の合間に生きてきた
日本人の 暮らしの風景には

必ず 植物や生き物たちが 入っていて
こうして、言葉に 残っています。
節句にも 必ず 植物を飾ります。

わたしは、 こういう 日本の文化を
こういうときに この花を飾るんだよ
いまは この花がきれいだよ って
子どもたちに 伝えたいんです。

この 日本の文化を 次の世代に 残したい。




「自然と一緒」 に 生きる。


もちろん、ほかの国でも 自然と一緒に生きる文化がありますけど

なんか こう この

日本独特の 感性って あると思っています。

秋の風景 稲穂とヒガンバナ




なにかに追われて せっかくの 
世界でも貴重なこの日本の四季の
花々を 喜べていなかったり

そもそも いま、そこにある花々を
見ていなかったり
感じていなかったり 

あくせく毎日 過ぎていくだけの毎日だと


「もったいない~~
 あなたも 毎日 このシアワセ感じたら
もっともっと 毎日笑顔になれる!」


って思っちゃうんです。^-^*


 (わたしにも 忙しい時って あるけどね)



だから

わたしは表面的には
「お花を教えている」んだけど

目的地は お花のデザインを教えることじゃ ないんです。



目的は
「花と一緒に暮らす 暮らし・生き方」を
送れている状態になってもらう こと。



わたしはブログタイトルを 
「3分フラワーアレンジ」 にしているけど

これはね。
「フラワーアレンジ」 って言わないとさ。
誰も知らない 新ジャンルで 伝わらないからです^^;



あ、なので 

このブログ読み始めて

「あれっ? 今日 花じゃない話じゃん」

って思ってるかも~^m^



「フラワーアレンジ」から入って

実際に、現実に、

「花と暮らせる」ようになれるといいな。




現実に 「花と暮らす」 ためには

花屋さんで売っている キレイな花の
表面的なキレイなところだけを 見ていても 難しいの><

だって、 花は 生き物 だもの。



虫や鳥に 花粉をめしべの先につけてもらって
タネや実を 実らせるために
花を咲かせているのだから

虫や鳥が 来るのが 「あたりまえ」 なんです。


生き物だから
大地に、土に根を下ろして
太陽の光を求めます。

だから 土(微生物・小動物・虫) があって 「あたりまえ」です。


ただ キレイな 美術品 のようにだけ 思っていても
花と仲良くは
花と一緒に暮らすことは できません。

生きているから。




わたしは 花屋さんを11年やって
フラワースクールの運営もして

ああ、ふつうの「お花教室」では
お花は、「美術品」なんだ。
一緒に暮らす方法は 教えないんだ。


っていうことを学びました。



だから、 わたしは

日本に 存在しないなら なら 作るしかない! って思って

「花と暮らせるようになる講座」を 自分で作っちゃいました!




「一緒に生きる」 っていう感覚を

きっと あなたも 持っています。



団地やマンションで育った人が増えてきて
戸建てもコンクリートで固められてしまうことが増えてきて
土に触れずに育っていても

きっと 持っています。


それを 「思い出す」 には

毎日の おさんぽ
毎日の 通勤や 子どもの送り迎えの時間。

「いま、ここに ある ここにいる
 生き物たちを 見てみる、感じてみる」

その時間を たくさん持つこと。



【12か月おうち花マスター講座】の受講生さんが

どうして 人生変わっちゃうか?
 っていうと

課題で 「こういう葉っぱを見つけて使いましょう」 って言うから。

葉っぱ 意識して探します。

そうすると 葉っぱや花に 来ている 生き物とも 遭遇します。


だんだん 生き物たちに
季節の移ろいに 目が行って 感じることができるようになります。


・実家の庭が すごい宝箱だった! って気がついちゃったり
・畑を作って 育てて食べるようになっちゃったり
・お花の先生になっちゃったり
・お花の作品 販売する作家さんになっちゃったり
・お花屋さんになっちゃったり


そういう 受講生・卒業生さんの 暮らしが
豊かになっていく
のを見るのが
このうえなく シアワセ~~~(*´∀`*)


もしあなたが

そういう暮らしに
こういう人生に
憧れていたら

夢や憧れで終わらせないで
こっちに来てくださいね^-^*


春が来るので、
今年も何か
「春だからお花はじめ」な企画を
やるつもりです^^


 

メルマガでは、

日本のお花のはなし
お花でできている、衣食住のモノにかかわること
お花を楽しむことで子どもと関われるはなし
いろいろ お話しています^^

登録して、待っててくださいね!


ではまた^-^/



花のあるうちになれるメールレッスンL
 

 
こんにちは^^ 
【おうち花マスター講座】本多るみです。

今年も初夏!
=生きものたちの季節!

わたしの大好きな
いのちの営みが
6月には たーくさん! あります。


その 1つめは 
やっぱり 「ホタル」

ちょうど 息子の誕生日に見られるので
毎年「息子誕生日イベント」になっております。
今年は 早めの5月末に行ってきましたが
記事を書いていないので^^;
 
 → 息子10歳誕生日 ホタル見さんぽ

 → 息子7歳誕生日 ホタル見さんぽ



 


2つめが 「アゲハ蝶」^^

(アゲハに限らないけど ちょうちょ。
 わが家にはミカンがあるので
 必然的にアゲハが多いだけ)



やっぱりね。


「あっ、ちょうちょ!(*´∀`*)」
を 自分の目で見たその日から

イモムシは 「=ちょうちょさん」に
なるんだよね。(*´▽`*)





そしてね。

「ちょうちょさんがミカンを食べてもいい」
って きっと 許せるようになるんだよ。




「虫の存在は許さない、排除する!」
じゃなくって

「一緒にミカンを分け合う 大事なお友達」
に なれるんだと思う。


 (このへん詳しく書いた
 過去の記事はこちら)




だから 子どもたちには

生きものたちを 実際に見て 触れて
あそんでほしいと思う。



いのちとあそぼう。


人間ではないほかの小さないのちたちと
「一緒に生きている自分」を
感覚で「わかる」
人間になってもらいたいんだ。




なんかね
これも「感覚」だから
説明はしづらいんだけど


それが 「わかる」 人間であることが
とてもとても だいじなことだと
感じているから。



「存在を許せない」
「排除する」
っていうような思考回路は
「怖い」「ヤバイ」と
感じるから。


感じる ことだからね、
ほんと 説明はできないんだけどね。




ではまた^-^/




こんにちは^^
【コストスリム花講座】主宰*本多るみです♪

新講座をスタートして
最近、また 自分と花とのかかわりと言うか
自分にとって花ってなんだろう?
って いろいろ考えます。

わたしにとって花って、ずっと小さなころから
「食べ物で生き物で、そして見てキレイなもの」 だったように思います。



「庭で 摘んで食べる」のが当たり前だった。
それって、すんごく 距離が近いじゃない。

採って飾る、のも
採って食べる、のも
わたしにとっては 「同じ」 
だったのよ。

どっちも、「毎日」の中にあって
どっちも、「花を楽しむこと」で。
どっちも、「特別」なものじゃなかった
のね。


花を飾ること と 食べること って

世間では 別世界として扱われるのがふつう。

でも、

植物の花や葉を目で見て楽しんで、
葉も食べるし、実がなったら実もいただく。 
のが、わたしにとっての「ふつう」。


べつべつのことじゃない。
少なくとも、わたしにとっては 同じことなんです。


お花を教えてて、花と食べ物と同列に扱う先生って
そうそう いないと思います。
でも わたしにとっては おんなじ「植物」なんだよね。


わたしには 
どーしても どーーーしても

「芸術品としてのキレイ、だけを極めに極めるフラワーアレンジメント」 

は できないです。



「毎日の中の花・植物」 しか できないんだわ。

そして、その
「花・植物のある毎日」 を伝えたい。


七草摘んで食べたいし
よもぎも摘んでよもぎ餅にしたい!
木の実は採って食べたい!

そうして、植物の全身味わって、
「ああ、わたしお花好きだなあ」
って思うんです。

 
  
繊維を取って紙すいたり、布織ったり、布染めたり
までは 毎日やるのは難しいけど
 
現代人の忙しい日常でも
植物を見て、愛でて
&食べる のは兼用できる。

  
 
だから、「食べる話」も ほんとはしたいんですよね。
農学士だしね。

まずは、毎日
「歩く道」
「自宅の周り」の植物たちに
目を留めてみてほしい。
 
 
ビックリするような高級植物や
 
野菜が生えてるかもしれませんよ~~^0^
  
 

------
「食べる話」もするかも…な

「花のあるおうち」になれるメルマガレッスン♪
庭がない・センスがない・時間がない も大丈夫^^

------


ではまた^-^/