おうち花マイスター*本多るみ
おはようございます^^
おうち花マイスター*本多るみです♪

「この時期、秋冬には
 木の実を拾って使う

 お花と違ってずーーっと飾れるから
 とってもいいよ!」


ってよく お話しするのですが




そうすると、ほぼ こういうご質問をいただきます。


「木の実って どこにあるの? (ないです)」



ありますよ~~~^0^



ただ、最近の新しい戸建て住宅街には
あんまりないかもしれません。


最近って

木の葉や 木の実や 花びらさえも! 
落ちることを嫌う傾向があるので TnT

もともと 落ち葉や 木の実や 花びらが落ちないよう

・植物自体がなかったり TnT

・植物を生やさないために コンクリート埋めになっていたりTnT

・植え込み部分も、葉が落ちない、実も落ちない、花びらも落ちない植物
 が選ばれている

ことが多いのです。



個人的には 超悲しい。 超さびしい。

それ 日本人的感性 育まれない!

季節の移ろいも感じられない
花や鳥の声もないので

新興住宅街が好きではありません><


じゃあ どこにあるの?


おすすめは もっとこういう場所です!


っていう話を
今日の昼すぎに こちらでお話します^^



目からウロコかも!?


きっと、あなたにも 見つかりますよ!

わたしと一緒に道を歩くと、もれなく見つかりますので^^




実際には 「ない」 のではなくって

今、あなたの目に 
「木の実として・価値あるものとして 映っていない」だけだから。




「あります」



これ、木の実だけじゃなくって

お花も 葉っぱも おんなじね。


「ある」んだけど、視界には入っているんだけど
「見えていない」だけなんです。



「ある」 ってことに気がつくと

実家に帰省すると すんごいことに 気がついてしまいます!!


きっとあなたも 実家で花が飾りたくなりますよ~^-^* 

0円でね♪


「ある」ことに 気がつくことができる 「目」 を
手に入れることができるのが こちらです^^



あなたも この「目」 になると

世界が虹色に変わりますよ^-^*


ではまた^-^/

こんにちは^^
おうち花マイスター*本多るみです♪

よく
「女の子だから 花を好きになってほしい」 とか
「うちは男の子だから 花に興味持たないでしょう」 とか


伺うのですが

性別は関係ないですよ。

わたしのUPしている写真は ほとんど
「息子」が 「花と遊んでいる」 というか
「花で遊んでいる」 姿です♪











いま、息子は9歳になりましたが
やっぱり 息子のほうが 興味を持っています。

娘は 「きれいなお花さん」 で
自分を飾る、ということには興味を持ちますが
「お花を飾る」「育てる」「観察する」「何ができるか考える」
ということには あんまり興味を持っていません^^; 

今のところ・・・


性別 ではなくって
個人差 かなあ~ と思ってます。


個人的には
男の子にこそ!

特に 「お花を育てる」「観察する」「何ができるか考える」
は興味を持ってほしいなあ と思ってます。

そこから いろいろ 自分で生み出すチカラ になると思うからです。



女の子が つくり出す力がなくていい ってわけではないけれど

娘を見ていると

女の子は なにもできなくても いいのかもしれない(・ω・)

と思う今日この頃です。



ちなみに
【12か月おうち花マスター講座】にも 男性もけっこういらっしゃいます。

1割くらい 男性ですよ。

男性のアナタ、 
もし 男性だということで ためらっていたら
大丈夫です!


すでに Facebookグループにも
現時点で 男性3名 いらっしゃっております^-^*

お仲間つくりにいらしてください♪



ではまた^-^/


おはようございます^^
おうち花マイスター*本多るみです♪

わたしのこのブログのタイトルは
「3分フラワーアレンジ」です。

【12か月おうち花マスター講座】では
クリスマスなどのイベントや
お客さまのお招き・プレゼントにも使えるランクのお花飾り・・・


こういうクリスマスアレンジとかでも
「15分」 で飾れるよ!

おうち花マスター*クリスマスレッスン9

ってお伝えしています。

実際、みなさん 15分で 飾れています^^ (↑生徒さんの作品ですよ♪)


ただ、これ 「飾る時間が」 です。

ふつうに フラワー教室で よくある
「すでに並んでいる材料」の状態に 整えてから
飾り終えるまでの時間 が

3分とか15分なのね。



もちろん 3分とか15分って、 短いですよ。

「えっ!? 3分で花が飾れるの!?」 って 思うと思います。


でも大事なのは 「その前」 なの。


 「飾る作業の前」 の

・花は何を選ぶ?  
・器は何を使う? 
・小物は何を用意する?  っていう

「材料選び」 の部分です。



ふつう、フラワースクールでは
「すでに花も材料も選ばれていて」
「準備もできている」 状態から はじめます。


だから、選ぶとか、準備の工程が レッスンに ないんですよ。



だからわたしは

「家に帰ってから、この形を作りたいときの 花の選び方」
「小物の選び方」
「お手入れのしかた」


を伝えるんです。


ふつうは 教わらないのですが

ここがわからないと 結局

「家に帰って 自分で もういちど作りたい」 と思ったとき



・花を買うこと
・小物を揃えること
・下準備

が 自分で できない! からです。


=せっかく お花を習っても 家では 飾れない。



それって、あんまりじゃないですか TnT


わたしは いまの 「お花教室・フラワースクール」の
ここを なんとかしたかった!


いまの 一般的な「お花教室・フラワースクール」が
いけないわけじゃないのね。

ただ、「デザイン」を学びに行くところなの。

「基礎」は 40~50年くらい前までは
「家庭の一般常識」だったんです。

一般常識だから
わざわざ 教える必要が なかったんだと思うんですよね。



でも 急速に 核家族化して
マンションやアパートが増え
戸建てでも土が無くなって

・・・植物に触れなくなった

= 基礎が分からなくなった TnT



ということはね 現代人は

「デザインスクール」に 行く前に!

「基礎の基礎」 を先に 学ぶ必要が あるんですよ!




ここを、教わらなくても 
自分でその規則性を発見して
自分で再現できるようになるまで

って・・・

会得するのに 5年10年かかってしまいます;


それじゃ もったいなさすぎる!



なので

わたしは


「お花を習ったのに 家では 飾れないんです」

っていう ブログ読者さんから届くたくさんの声を
その悲しさを なんとかしたくて


岩手の読者さんにも、鹿児島の読者さんにも届けられるよう

通信講座【12か月おうち花マスター講座】を作りました。



「家で、実際にできること」 をテーマに

・家にあるもの
・スーパーで買えるもの の、 

「選びかた」 
「買い方」 
「その材料でできる飾り方」

を お伝えしています。



通信講座の生徒さんや
レッスンの生徒さんが 口々に 言います。

「こんなこと 聞いたことない!」
「教えてもらえるの はじめて!」



わたしも たぶん
日本初! だと思ってます。



そんな、わたしの通信講座
【12か月おうち花マスター講座】は全国対応!

インターネットスクール形式か、
DVD&テキストの配送かを選べます^^


20~22日の 3日間限定で

2017年 新年開始の受講生さんを募集します♪


こどもたちの行事もいっぱいで
てんわやんわしながら 只今 準備をしています!

メルマガレッスンをお読みの方から
優先受付しますので
登録して お待ちくださいね^-^*


いよいよ、あさって!

準備 がんばりますね!


ではまた^-^/

こんにちは^^
おうち花マイスター*本多るみです♪

この間・・・

もみやヒバの枝が売っていなくても 
 クリスマスの花飾りはこうやって作れるよ♪


束の花に、ちょっと葉っぱを入れるとキレイ
 その葉っぱは 売っていなくてもこうすればOK♪


というお話をしました。


この次に来る声がこれ。

「今は 冬なので 外に葉っぱがありません」
    ↓
だから、できません


これも、「ないもの」 に 目を向けているんですね。


「ないもの」 じゃなくてね。

「あるもの」 を見てね。



もみひばや 松 椿の葉
雪の下や つわぶき シクラメンの葉っぱ みたいに
常緑の葉っぱも たくさんありますよ^-^*


ほかにも・・・

いま「あるもの」例^^ (年末に飾っています♪)




「あるもの」を使えばいいんですよ^^


どういうことか、
わかったかな?



もうちょっと詳しい話は

「花のあるおうち」になれちゃう♪
【おうち花基礎講座メルマガ】
でお話しますね^-^*


今日も 小さなシアワセ 見つかりますように♪


ではまた^-^/



おはようございます^^
おうち花マイスター*本多るみです♪


わたしは 「おうち」には

野の花や


スーパーの束売り花で


じゅうぶんキレイに飾れるよーー!
 って

お伝えしています♪



その中で、

キレイに飾る3大ポイント! の2つめに
「葉っぱ」 を入れる!


とお伝えしているのですが


「近所の花屋さんに 葉っぱが売っていません」
「スーパーの束売り花には 葉っぱが入っていません」


     ↓
だから、できません


というメッセージを よく頂きます。


うん

こういうときもね


「一緒に売っていなかった、だから できない」

じゃなくって

こう変換してみてね。


「一緒に売ってなかった」
    ↓

●野の葉っぱや枝を 摘んで入れる
●葉っぱだけ見つけたときに 買っておく
●鉢植えを買っておいて 必要なときに切る



ホラ

最初に 「野の花で」って 見せたコレも


スーパーの束の「鶏頭3本セット」を飾ったコレも


そのへんの 道ばたの 雑草 & 雑木 を
チョンチョン切ってきて 入れてますよ!




「お店がない」 という 田舎ほど

切り放題!

なハズ
です。



「あるもの」を 使えばいいのよ^-^


「ないもの」に注目するより

「あるもの」に 目を向けてみて。


きっと 「ある」 からね。



詳しいやりかた・使い方は
【12か月おうち花マスター講座】で お伝えしていますよ^-^*



今日も 小さなシアワセ 見つかりますように^-^


ではまた^-^/




おはようございます(*^_^*)
おうち花マイスター*本多るみです♪

1DAYレッスンで

「近所のお店に
 もみの木や ヒバの枝が売っていなくても
 クリスマスアレンジは 作れるよ!」


という話をしました(*^_^*)


あなたも

いくら 花が 「菊でいいよ!」って言われても・・・

1DAYレッスン ホワイトクリスマスのキャンドルアレンジ

もみの木や ヒバの枝を売ってくれるお店がなくては
クリスマスアレンジなんて作れない(ノД`)


って 思ってるかも?


これ、コレを買えばいいんです。

分かったかな?( ´艸`)

コレなら、田舎のスーパーや ホームセンターでも
ふつうに売ってる
と思いますよ(*´▽`*)


いーんですよ、コレで!

だって、同じ仲間の植物ですよね?


クリスマスに飾る枝は

常に緑色であって
魔除けになる細くとがった葉を
持っていればよいのです(*^_^*)


だから、いいんですよ~


今日も、アタマをもっと 柔らかく

アレもコレもアリだって
ユル~く 考えてみてね(*^_^*)



え? もっと詳しい使い方がしりたい?


では 後ほどこちらで お話します♪

まだ読んでいなかったら 今すぐ登録して お待ちください♪



ではまた(^_^)/




おはようございます^^
おうち花マイスター*本多るみです♪

この間、「3分フラワーアレンジ」 の出張ミニワーク
第2回目に行ってきました♪

そこでも 頂いた質問
よくいただくので、シェアしますね~


よく
「束の花を買ってきても うまく飾れない」
「なんかイマイチ」


というお話を聞くんです。

これには いろんな原因があります。

ブログ・メルマガで くりかえし お話していますが
今日はちょっと、ポイントをまとめてみますね。


花を 簡単に! 見目よく飾る 5つのコツ!

まず、花は、花屋さんで買ってもいいし
スーパーの束を買ってもいいし
摘んできて 0円でもいいです。

なんでもいいです。あればいいのです。

摘んできた葉っぱや花でも飾れますよ!(7月版)

摘んだ花アレンジ7月版


●1:陶器やガラスの器を選ぶ
  
 ペットボトルとか 
 スーパーのゼリーの半透明プラスチックカップとか
 やめてね TnT

 ×ポイント1:軽すぎて不安定
 ×ポイント2:ペットボトルは口が狭すぎるのに本体が太くバランス悪い
 ×ポイント3:見た目、美しくて気に入っていますか?思わないですよね;

自分が「見た目キレイ」と 思っていない器 に入れたら
ぜんぶ「きれいに思えない」のです。


「自分がきれいだと思う」 そして 「重さのある」
ガラスか陶器の器 に飾ってください。


口径と高さのバランスが良いものは
 「マグカップ」「ビアカップ」「グラス」
大きいものでは 冷水ボトル・デキャンタ・カラフェ


100円均一のでも スーパーのでもOK!
無地 または ストライプ・水玉くらいのシンプル柄のもので
「あなたが気に入った器」 に 花を飾ってね。



●2:花の長さと 器の高さのバランス

花の長さは 器の高さの 2倍まで

が基本です。

シュッと飛び出す細いものがあってもOK
その際は 器の高さの3倍まで
 がめやすです。




●3:大小・濃淡のバランス

花や葉っぱが 大きい 色が濃い ものは 「重たく見えます」。
花や葉っぱが 細い・小さい 色が淡い と 「軽く見えます」。

その 「見た目の重さどおりの位置」 に入れてください。

花や葉っぱが 大きい 色が濃い ものは 「下・中心」のほうに。
花や葉っぱが 細い・小さい 色が淡い ものは 「上・外側」のほうに。



このとき すべての材料の 「長さを変えてください」!

=細長いもの、細かいもの、色の淡いものほど 長く
=大きい・色が濃い ものほど 短く
 飾るということです。


     ↑
  この写真の花飾りで解説した参考ビデオがこちらにあります^^

 (例外:こんもり まんまる風にしたいときは全部同じ長さでOKです)

例外参考:

  参考と思って引っ張ってきたけど、微妙に長さ変えてますね^^;


●4:葉や枝、実など 「花以外の植物の身体のパーツ」 を加える

売っているものって、「花だけ」のことが多いです。
なので 「植物の身体のほかのパーツ」を 足してあげましょう。

夏なら 葉っぱ 摘み放題です。
雑草でOK 垣根の葉っぱもOK!

葉っぱを お供え束の菊に足すだけで
こんなになりますよ~^0^*

お供え花も葉っぱを切って足すとカッコ良い!3

お供え花も葉っぱを切って足すとカッコ良い!1


冬なら 松ぼっくりとか 木の実を加える
上に乗っけたり 周りに飾ってみてください^m^

ぐっと 「よく見え」 ますよ!


  ↑
これは、【12カ月おうち花マスター講座】の11月に作る テーブルアレンジ^^
葉っぱ + 松ぼっくりだけ。 激安で1か月楽しめます^0^
11月のテーブルアレンジが見られるのは、
8月半ばのお申込みになるので お見逃しなく!


「メルマガ基礎講座」に登録しておくと お知らせが届きます^^


●5:敷物を敷いて 空間を仕切る

家にはどうしても いろいろなものがあるので
せっかく花を飾っても
ごちゃごちゃして きれいに見えないことが ままあります。

なので いつもお伝えしていますが
「敷物」 を敷いてみましょう。

ランチョンマット・手ぬぐい・ハンカチ・ふろしき・スカーフ・ストール

布ものなら なんでもいいです。

布を敷くと、そこだけ 「異空間」 になります。

周囲と仕切ることで
花の空間が ぱっと 引き立つようになります。

摘んだグリーンアレンジ7月版

布と器の組み合わせで 
いろいろな イメージ・雰囲気が作れます
ので

布を変えるだけ
入れ物を変えるだけ で
すぐに イメージチェンジができます!^-^/

お供え花も葉っぱを切って足すとカッコ良い!2


どれも、聞いてみれば
1つ1つは 難しいことじゃなく

ちょっとしたコツ でしょ?

ぜひ今日から! やってみてくださいね^-^*


お花を長持ちさせるための扱い方や
そもそも、「買うときにいい花を選ぶコツ」も
メルマガ基礎講座でお伝えしていますよ~^0^



ではまた^-^/

わたし、本多るみは こんな活動をしています^^
お花を買う・手入れ・飾るを基礎から知るには『おうち花基礎講座メルマガ』(無料)
「お花屋さんのアレンジ」がぜんぶ!スーパーの束花でできちゃう通信講座♪

次回募集は、「今年こそ!我が家もこどもとクリスマスツリー&リース&アレンジ♪」の
クリスマス・年始特集受付 8月半ば頃です^^
(クリスマス直前には受付しないのでご注意!)


おはようございます^^
『おうち花マイスター』本多るみです♪

今日はお花紹介デー ですが。

東京近郊にお住まいの方。
花屋さんやスーパーマーケットなどで
「お盆用品」が並んでいませんか?




「あらっ?
 お盆って、8月じゃなかったかしら・・・?( ̄∀ ̄*)」


って思ってる方、いませんか??



全国的には8月15日が「お盆」
という地域が多いですが

そうでない地域もあります。

東京近郊はその1つ。

なので、ちょっと早めにお話しておきますね^^/

お盆と仏花】 について^^*


いまお話したように、
「お盆」は、8月15日「ではない」場合もあります。

その【お盆の日程のナゾ】に加え

「お供えする花(仏花)ってなにが良いのか分からない!!><」
という方も多いと思いますので

【仏花の基本】をお話しますね^^*

どうぞ~~^^/
   ↓↓↓



  こういうお花動画は、こちらで毎週、
  お花のまめ知識と一緒に受け取れます^^



「仏花(ぶっか)」の基本はこんな感じです(東京地方)。
地域によって差が大きいので、あくまでも東京・神奈川でこんな感じということで

仏花基本の色と花

真っ赤なケイトウや、
キンセンカなど濃いオレンジが入る事もあります。
とにかく「ハデ原色」。


動画の中で出てきたアレンジ例↓↓

アレンジ仏花1
アレンジ仏花2
アレンジ仏花3


私がいた花屋さんでは、
仏花は「3本組」「5本組」「7本組」で作っていましたが
今良く行くお店では「4本組」になっています。
4本組仏花

これも地域差があると思いますので

「その地域のお供えの基本型」を知りたい場合は
地域のお年寄りや
地域の古くからの花屋さんに聞くと良いでしょう^^*



これだけ地域で違うんだ!!の過去記事リンク
 ☆→お盆ってそもそも、何?
 ☆→お盆の地域差を感じるとき
 ☆→仏花ってなに?


東京にお住まいでも、ご実家で「8月15日」なら
8月15日にご実家で行えばOKだと思いますよ^-^*

これだけ移住しているかたが増えますと

お盆を「いつやるか」と
「お供えの中身ややり方」


ハッキリ言って

ご家庭ごとに違うと思って良いと思います。


ご実家、今のお住まい、もともとも出身地の慣習が
MIXされるかもしれませんし
どこかの慣習を取り入れて行うかもしれませんが


「絶対にこうでなくてはならない」というのが
あるワケじゃないので


あなたの家で、「いつ・どうやるか」決めればそれでOK!

だと思います^-^*


ではまた^^/


わたし、本多るみは こんな活動をしています^^
お花を買う・手入れ・飾るを基礎から知るには『おうち花基礎講座メルマガ』(無料)
「お花屋さんのアレンジ」がぜんぶ!スーパーの束花でできちゃう通信講座♪

次回募集は、「今年こそ!我が家もこどもとクリスマスツリー&リース&アレンジ♪」の
クリスマス・年始特集受付 8月半ば頃です^^
(クリスマス直前には受付しないのでご注意!)


おはようございます^^
おうち花マイスター*本多るみです♪

毎日 暑くなってきましたね~!

こうなると 
「お花は暑くてすぐ痛んじゃう!」
っていうお悩みが出てきます。

暑いから、 夏は切り花 飾らない

って思うかも。

でもね!

そんな暑い夏でも
2週間は余裕!

1か月!長持ちしちゃうかも!


なのが

最近 紹介している 「葉っぱメインのアレンジ」 です ^m^


だって 「葉っぱ」 だからね!

葉っぱって、植物の身体を作っている大事なパーツ。
葉っぱがないと、光合成できないから
葉っぱは 常に 植物の身体にくっついています。
 (冬に葉を落として冬眠するものもいますが)

そんな「葉っぱ」は
「いつもくっついているパーツ」だから

子どもを作るために
虫や鳥を呼ぶための 短期限定パーツ である
花よりも

はるかに長持ちします!^-^*



それに、
夏らしく
涼やか・さわやかで
スキっときれい!>▽<*


<小サイズ 縦20cm×横30cmくらい> 材料:自宅庭で摘んだ葉っぱ ¥0



<中サイズ 45cm四方くらい> やっぱり 摘んだグリーン ¥0




<大サイズ 縦80cm×横40cmくらい> お花屋さんで購入 ¥1500
花屋さんで買った葉っぱの投げ入れ 大2

<大サイズ> こちらも 花屋さんで購入 ¥2000
花屋さんで買った葉っぱの投げ入れ 大1



テーブルに置くような小さいものは「摘んで」がおすすめ。

 花屋さんで買ってくれば 大きな華やかアレンジも
バッチリです! >▽<*
 

花屋さんにも たくさんの 葉っぱ・枝もの 売っていますよ!
   ↑
葉っぱや枝ものが たくさん置いてある花屋さんは
デザインセンスもよいことが多いので おすすめです^-^*



そんな 「わたしのイチオシ!」なので
【おうち花マスター講座】
7月のテーマも この
【グリーンアレンジ(投げ入れ)】 なんです^-^

  【12カ月おうち花マスター講座】の詳しい説明はこちらです

 ただいま、21日まで 期間限定で
この「グリーンアレンジ」から受講開始する
新規受講生さんを募集しています!

ちなみに、さらに暑くなる8月は
暑くてもへっちゃら!
「ドライフラワーを作って飾る」 と 「水草を飾る」 です!^-^


これで

暑い間は お花はムリよね

なーんて

言わなくってよくなりますよ~!^0^



ではまた^-^/

わたし、本多るみは こんな活動をしています^^
お花を買う・手入れ・飾るを基礎から知るには『おうち花基礎講座メルマガ』(無料)
「お花屋さんのアレンジ」がぜんぶ!スーパーの束花でできちゃう通信講座♪

 ただいま、21日まで 期間限定で
この「グリーンアレンジ」から受講開始する
新規受講生さんを募集しています!

ちなみに、さらに暑くなる8月は
暑くてもへっちゃら!
「ドライフラワーを作って飾る」 と 「水草を飾る」 です!^-^


こんにちは^^
おうち花マイスター*本多るみです♪

このところ、「摘んで飾っちゃおう^0^」ってたくさんお話していますが

やってみたけど
「うまくできない><」 「なんか変TnT」
っていうことも、あったと思います。


じつは・・・

「摘んでぱぱっと飾る」には 
「摘む前」に考えておくといいこと が 
3つ あります!



その「3つ」とは

・何を摘んで (花選び)
・どの入れ物に (入れ物選び)
・どんなふうに飾るか  (活ける形) 

この3つのことを 花を飾る前に考えておくと
ぱぱっと飾れるんです!



この3つを考えてから

道端や お庭に出て 「チョンチョン」と切ってくると

こーんなふうに 飾れちゃうんです!>▽<*








これ全部、【12カ月おうち花マスター講座】の受講生さんが
「7月:グリーンアレンジ」 の回
チョンチョン、と摘んできて 飾ってくださったものです^-^*



いいでしょ!^0^
きれいでしょ!
わたしが飾るのと 変わらないでしょ!>▽<*

みんな

「摘むっていわれても・・・

 何を摘んで
 どの入れ物に
 どう入れたらいいのか分からない!」


って思ってたんです。

でも!
できるように なれちゃいます!


どうして できるようになるのか?

・何を摘んで (花選び)
・どの入れ物に (入れ物選び)
・どんなふうに飾るか  (活ける形) 


この3つを
自分で決めること、選ぶことができれば

花飾りは 選んだ・決めた時点でもう、
90%完成してるんです!



あとは
「実際に 使う花と入れ物を用意して」
「決まった場所に入れるだけ」 だもんね。^^

そこで!

・何を摘んで (花選び)
・どの入れ物に (入れ物選び)
・どんなふうに飾るか  (活ける形) 


あなたが自分で考えて、
自分で決めることができるようになるように
ここで教えているからです^^




「それができりゃ苦労しない!」
って思うところ ですよね?


うん、できるようになれますよ^^


「できるようになるように 教える」
【12カ月おうち花マスター講座】は、年に4~5回だけ、
新規の受講生さんを募集しています。

次回は あさって!
17日~21日の期間限定で
「おうち花基礎講座メルマガの読者さん」から優先的に募集します^^

「基礎」を知ってからのほうがいいので
「基礎メルマガ」の読者さんからになります。

まだお読みでなかったら、こちらから登録しておいてくださいね。


ではまた^ー^/