おうち花マイスター*本多るみ
今日は質問をひとつ。

『花束のかっこいいラッピングのしかた教えて』


なんですが、うーん。
これはねえ、質問ちょうだいなって言っといて
こう言うのもなんなんだけど、

ちょっと無理だなあ。



うんとねえ、花束のラッピングに限らないんだけど
アレンジメントや鉢物のラッピングも、
どんなバスケットにどんな風に詰めるかとか
ペーパーはどんなものをどんな風に使うとか
リボンもどんなものをどんな風に結わくかとか

そういうのって、それこそが花屋さんの「価値」にあたるわけ。
花は花のままじゃただの花で付加価値がつかないからね。
こういうところで技術料とかデザイン料みたいなものが
価値としてついたり、お店のカラー・ブランドになっていくのね。

だから、こういうものは基本的に 【企業秘密】



もちろん、お店同士なんかは、他店のそういうのってすごく研究するし
デザイナーの作品とかも流行のツカミに研究するし。
真似できないものではない。

つまるところ、「かっこいい」と思うお店のその商品、
花束なりアレンジなりアソートバスケットなりを買ってきて
注意深く分解していけばどうなっているのかは分かるわけで
その気になれば再現ができるわけです。

もちろんどこのメーカーのどんな資材を使っているかまでは
知ることはできないから、似たものを探したり
代わりに使ったらいいものを自分で探したりして真似する。

そもそも「かっこいい」ってどんな基準?
ってことにもなっちゃうしね。
10人いれば10人の「かっこいい」があるわけだし
申し訳ないけどそれは自分で研究しよう、としか言えないなあ。



まあ、大雑把なところで言ってしまえば
「かっこいい」イメージにするには
基本的にダークカラー(彩度・明度の低い色)を使って
素材も固めの素材にして
仕上がりも硬くなるようにするって事でいいと思いますが・・・



そんなわけでこの程度しか言えないです、すいません。


「花のラッピング」なんて本は、本屋さんにたーくさんでてますので
そちらをご参考にどうぞ。
「花時間」でも良く特集されてます。


こういう本のラッピングをそのままやるとどえらいお金がかかりますので
アレンジして、お菓子の包装紙とか、ペーパーナプキンとかでやると
可愛くてかつ安上がりになります。

ラッピングに使えるのは何もラッピング用品だけじゃないです。
包めて縛れれば何でもいいので。
そこはアイディアですね。


こういうところに公開しちゃうと
どこの花屋さんでもおんなじになったとか
誰がやってもおんなじとか
そういう事になってきちゃうとあんまり喜ばしくないので
ここには載せません。

人限定になるようなところなら考えます。


-------------------------

それと直接は関係ないんだけど。
昨年末にお店を退職したときにこんな花束をもらいました^^

年末の花なので、季節がちょっとズレちゃってるけど・・・

退職時にもらった花束


これは渋めの色ではあるけど「かっこいい」系でもないな。
かわいいと渋めの中間かな。
わたしのとても好みの花束を見抜いてもらえて嬉しかったです^^

仕事の時はどんなタイプも作るので、
「何が一番好きなの?」って聞かれたりしましたが
「うーん。どっちかといえば落ち着いた系? でもどれも好き」
って答えてたんですが。
これはどんぴしゃ、好みでした、やっぱプロだよねえ、お店の仲間も。

こういう落ち着いた配色は一般には20代後半~30代女性向けです。
ていうかそこもまさにヒットしてますけど。(笑)


 にほんブログ村 花ブログへ ← ランキング参加中!1日1クリックで応援してね^^
本館Blumelenemへ← 暮らしに関わるお花のまめ知識 本館blumelenben もよろしくです^^

How To 結婚式 も更新中です^^ 
 しばらくこっちの更新がメインになると思いますので
 興味のあるかたはぜひこちらもドウゾ!

今日は、久しぶりに質問回答です。
実はまだいくつか溜まってます。
順番に回答しますので・・・スミマセン。


*きちんとメールアドレスやお名前を記載されている方には
 できるだけ早くメールでお返事してますので
 お急ぎの方は一言フォームでなく、メールで送ってくださいませ。
 (あまりにもサイトを読まずに、読めば書いてあることを
  聞いてくる場合はお答えしないことがあります)


さて、今日の質問は
『花屋の仕事は高齢者と交流できますか?』

なんともビミョーな質問ですねえ。
意味が良く分からないのですが;
お店にご高齢の方々がいらっしゃるかどうか?
という観点でお答えするなら

お店次第

ですねえ、なんか当たり前なんですけど。



お年寄り相手に花屋をしたいのであれば、
お年寄りの多い地域に店を出す とか
老人ホームを中心に回る移動(車)店にするとか
お年寄りのお家まで届けます!とか
意図的に交流を図ろうとすればいいだけの事だと思います。

そして、どっちかというと土日よりも平日重視で
花もお供えに使えるものを中心に、
茶花にできそうな枝物や和モノ
「菊じゃないのがいい」という方向けに洋花も少し置いて
オーソドックスな季節の苗ものや、盆栽などを置いて
基本的に自宅まで届けてあげるといいんじゃないでしょうかねえ?




逆に、若者向けの流行のモダンな花を売りたいのであれば
若者の多い街で、放課後の時間帯や土日を中心に
(午後開店で夜遅くまでとか)
種類も流行モノ中心、モダンな流行のブーケやバッグにして、
仏花はおかなくていいですよねえ。

結局は「どんな人をターゲットにして商売するか(顧客層をどこにするか)」
であって、どんな商売だろうと同じことだと思いますが。

だから「花屋がどう(業種)」、というよりも
「どんな店だったらご高齢の方々に喜んでもらえるか(中身)」、
を考えるべきことだと思いますよ。



でも、本気で高齢者との交流を一番に考えるのであれば
花屋より福祉関係の仕事をした方がいいと思います。
(当たり前の気もしますが・・・)



 にほんブログ村 花ブログへ ← ランキング参加中!1日1クリックで応援してね^^
本館Blumelenemへ← 暮らしに関わるお花のまめ知識 本館blumelenben もよろしくです^^

How To 結婚式 も更新中です^^ 
 しばらくこっちの更新がメインになると思いますので
 興味のあるかたはぜひこちらもドウゾ!
なんだか質問がたまってしまっているので頑張って回答。


いろいろお教室のことを調べて、
調べたはいいけどどこにしたらいいか分からなくなった、というUさんから。

・将来仕事にしたい(自宅で教える・店で働くなど幅広く)
・基礎からしっかり学びたい
・自分にセンスがあったところで学びたい
・できれば短期集中で学びたい


候補は次の4つ

1.NFD公認校
(資格取得を目的とする学校。センスは良い。)

2.某有名校
(NFD取得は本人の自由。名が通っているので就職のときに有利という話も。センスはよくわからないが普通?)

3.近所の花屋A
(センスがよく気に入っており個人的な贈り物でたまに利用している。レッスンはカリキュラムを組んで教えているようではない。)

4.近所の花屋B
(個人的な贈り物でここのお花をよく頂くことがあり、センスもよく気に入っている。レッスンはカリキュラムが組まれており、1~3までステップアップしていく。1ステップ10レッスンで3ステップまで終えると30レッスン。終了後はこのお店独自の終了証もくれる)


プラス、質問事項。
・短期集中と週1~2回ののんびりペースではそれぞれメリットデメリットは?
・基礎はどうしても一昔前のセンスな気がしてしまいますが、それは仕方がないのか?
・自宅で教える場合は資格などは重視されないのか?
・大手学校で受講すると資材が安くなったりすることはあるのか?


-------------------------------


ここまで調べているのだったら何故動けないのでしょうか?
このような「どうしたら」系の質問はよくもらうのですが、
今回は特にご自分で詳細に調べられているのでちょっと取り上げてみました。


あのですね、目標、決まってるんでしょう?
先生になるか、または花屋さんなど、花の仕事がしたいんですよね?
だったら、本来はスクールか就職かで迷うのが妥当です。

花屋さんなど先生以外の仕事なら、学校よりも就職を探すべきですし、
先生になりたいのなら、NFDの取れるスクールがベストです。


でも、決められない。
それは、つまり将来どうしたいのか結局分からないからじゃないでしょうか?

本当にスクールの先生になりたいのなら、1か2の選択しかありません。
そしてNFDを取ること。
先生に「講師になりたい」と言い続けて、アシスタントから始めて講師の仕事枠をもらうこと。
迷うことなんか何もない。

でも、花屋さんもいいかも?
と思う気持ちもあるんですね。
そうすると、花屋さん経営のスクールに行ってみる手もある。

デザインにこだわっているところからすると、
好きなデザインのアレンジを楽しみたい気持ちもある。
将来のことを考えなければ、好みのアレンジをさせてくれる所がいいに決まってます。


結局、「どうしたいのか」がわからないから決まらないのでは?


そうするとね、厳しいようだけどわたしには何のアドバイスもできません。
まず自分が「どうしたいのか」決めるのが先決でしょう。

でも、「分からない」気持ちも分かる気がします。


だって、どれも見たことのない世界・未知の世界なわけでしょう?
それをどれか選べ、と言われても分からなくても当然です。

あのね、だったらね、どれでもいいからやってみればいいんですよ。
やったことがないから分からないんだから、やってみればいいんです。


NFDメインや、NFDの取れるスクールというのは、当然「スクール」がメインですから、体験すれば「講師」がどんな仕事なのか、少なからず分かるはずです。

花屋さん主催のスクールに行って、その仕事振りをその気になって観察すれば、花屋さんがどんな仕事か、一部は見えてくるはずです。

体験レッスンだって、そのためにあるんですから。
スクールなんて、入ったら止められないものでもないんですから。

「どうしたいのか見極めるため」という目標を持って体験すれば、
「これはなんか違う」 「あ、いいな」 くらいは見えてくるでしょう?


---------------------------------


次に、質問の件ですが・・・
・短期集中と週1~2回ののんびりペースではそれぞれメリットデメリットは?

 これもね、「どうしたいか」決まってればすぐに選べるでしょう?
 早く資格を取って海外留学したいとか、一刻も早く講師になりたいとか
 急ぐべき目的があれば短期集中を選ぶでしょ?
 いまの仕事を続けながら、夢も諦めたくないとか、短期ができない
 事情があったら週1になるでしょ?

 それ以外の点では、短期で半年、とかだとどうしても花が半年分。
 2年かけるほうなら、季節の花を1周×2回、体験できるけど。
 でも、正直言って、スクールで見た花くらいじゃ、実務には
 ぜんぜん足りません。だから、仕事面で言えば、どっちでも一緒。


・基礎はどうしても一昔前のセンスな気がしてしまいますが、それは仕方がないのか?

 あのですね、だから「基礎」なんですよ。
 「でたらめ」と、「わかっていて崩す」のとは違います。
 ただ、自宅で花を楽しむのに、アレンジしてみたいという気持ちなら
 ただ、生けることを楽しめる個人や花屋さんのスクールで構いません。

 でも、プロになる気があるのなら、
 ほかの人に教えるにしても、結婚式や祝い花を作るにしても。
 基礎なしでやることはできません。
 基礎のレッスンで使う花が一昔前なのは、その花が一番
 「花の形」「花の特性」といった必要なことが分かりやすいからです。
 プロになる気があるのなら、必要なことを「勉強」するのに
 必要なのは「流行」じゃなくて「定番」です。



・自宅で教える場合は資格などは重視されないのか?

 これはサイト内でも書いてますが、開講は自由です。
 ただ「今日からわたしは花の先生です」と名乗ればいいだけ。

 ただし、何の肩書きもないのでは生徒は集まりません。
 別口で、何か人を集める手段があるのならまた別ですが。
 「人に教える」のなら、「肩書き」として有効性のある実務経験か、

資格(一番有用なのはNFDでしょう)がないと実際には厳しいです。



・大手学校で受講すると資材が安くなったりすることはあるのか?
 多少は、大口になることで安くなるものもあるでしょうし、
 スクールと懇意にしているメーカー商品は割安だったりするかもしれませんが。
 格安(卸値)で買えるようなことはありません。
 卸ができるのは事業者のみとなります。


----------------------------


基礎は大事か? というなら、「プロになりたいのなら大事」だし
資格は大事か? というなら、「講師になりたいのなら大事」だし
どれがいいか? なんていうのは、 「どうしたいのか」 によって変わってくるんです。

どうしたいのかが自分でも分からないなら、どんな順番でもいいから知ってみることからはじめてみてはどうでしょうか?


 にほんブログ村 花ブログへ ← ランキング参加中!1日1クリックで応援してね^^
本館Blumelenemへ← 暮らしに関わるお花のまめ知識 本館blumelenben もよろしくです^^


という質問が届きました。
ひとことフォームから。


う~ん、あれだけ書いても信じてもらえないのでしょうか。
そのくらい 『資格がすべて!』 みたいな風潮があるという事なのかなあ。


結論から言えば、 花屋になるのに資格なんていりません。
本当です。
疑ってる人も多いのかもしれないけど本当です。


花屋(お店)を開くのにも、特別な資格はいらないんです。


弁護士になるのには試験に受からなくちゃいけないし
レストラン出したかったら、食品衛生管理者は絶対必要だけども
花屋にはそういう必須のものはありません。
「今日から花屋」 と名乗れば花屋です。


まあ、ただ、ひとりで開業する場合は、
お客様の『信頼』を集める意味で、
資格を持っていますよ、と言うとひとつの武器にはなります。

でも、お店に入るのに、いちいちそんな事聞く人いませんよね?
並んでるブーケとか、ラッピングとかが可愛くて気に入れば手に取ると思います。
要は作れればいいわけです。

作れなければ無理ですけど。




なので、まずは花屋さんや市場などで働いてみるのをおすすめしてます。
お教室で習ったところで、接客も仕入れもできるようにはなりません。
花束は作れるようになるけれど、5分で作れるようにはなりません。
自分の好きな花束は作れるようになるけど、お客さんの好みの花束を作れるようにはなりません。

どうしても、『お教室』に行きたいのであれば、
『プロ養成コース』 か 『専門学校』 です。

専門学校は、たいてい、NFDの資格と、
国の技能士を卒業までに取るカリキュラムになっています。

学校にもよるでしょうが、専門学校卒業生で、なおかつ販売業務の経験のある場合なら、就職が有利になるでしょう。
でも、10代~23歳くらいまでです。

花屋で働くなら、フルタイムの戦力として採用する場合、未経験だと
理想は10代~22歳(ふつうこのくらい)
まあいけるかなが25歳、(少し不利)
MAXでも28歳くらいが限界(かなり不利)です。

10代~22歳(新卒)の場合は、基本的な礼儀ができていれば
接客・事務などの仕事はイチから教えるつもりが店側もあるけど
25歳くらいになったら、基本の社会人としての常識範囲の業務は
もともとできることが求められます。

花屋だからと、技術面ばかりが重視されるわけではありません。
むしろ、技術はなくても、社会人の常識の業務ができる方が優先されます。
なぜなら、花屋は小売業だからです。
デザイナーのように、デザインを売っているだけとは業務形態が違うんです。

基本は、販売計画を立て、商品を考案し、仕入れの手配をし、
仕入れをし、商品を陳列し、宣伝し、お客さまと会話してベストなものを選び
お客さまと、さらにお客さまが贈る相手の方に喜んでもらえるように商品を用意・梱包し
売り上げの管理、売り上げをもとにした次の計画立て・・・
といった、『小売店の運営』ができることが仕事です。


その過程で、一部、技術が必要なところがあるため
必要なことは先輩が教える、というのが普通です。

資格を取っていたりして、多少の知識があったとしても
業務で使う知識とはかなり異なるので
結局はイチからおぼえなおすことになります。
(アレンジの形とか、花束の組み方とかの基本事項は役に立つけど)




なので、花屋になるのに資格は関係ありません。











ただし・・・
フラワーデザイナーや、お教室の先生になりたい場合は別です。
これらの仕事は一人で世間相手に自分を売り込んだり
高名な「先生」の弟子になってコネを作ったり
しなくてはなりません。

この場合には、とにかくコネです。
『お教室にいた歳月』
『そのお教室内での資格』
などがもっとも大事になるので、お教室や資格が必須です。
(ないと100%無理なわけでもありませんが、厳しいです)





本館に書いてあることと同じなんだけど
改めて書いてみました。


花屋さんをしてる人・してた人
お教室の講師をしてる人など
何かご意見・ここは違うかも?
などあったらぜひコメントしてください~




あと、コメントやメールでは質問しづらいという方!
本館にはひとことフォームがほとんど全ページについてます。
完全匿名で誰からかわたしにはさっぱりわかりませんので
何か聞きたいことなどありましたら
一行で送れますのでじゃんじゃんお寄せくださいね。


 にほんブログ村 花ブログへ ← 1日1クリックで応援してね^^
本館Blumelenemへ← 資格が必要?キレイな仕事? 花の資格・仕事のホントの話はこちら^^