おうち花マイスター*本多るみ

アーカイブモード [2018年08月 ] 記事一覧

おはようございます^^
『おうち花マイスター』本多るみです♪

今日は、月曜なので お花紹介デー☆

今日のお花は…コレっ↓↓



ハスの花
           *↑写真素材 http://www.photolibrary.jp/


「ハスの花」 です^^
”蓮華(れんげ)”とも呼ばれます。


今日、ハスの花を紹介するのは
仏教の最高位の花だから
=お盆のお供えに 使われる花だから。


と いっても、ハスの花そのものは
切ってしまうと自力で水を吸えないので
花が持たないんですね。

なので、「ハスの花の形のつくりもの」や「ハスの葉」を
使う地域が多いようです。


ちなみに 「8月15日がお盆」、という地域では
お盆の「盆入り」は、13日ですよ~!
  
*来週 8月13~17日は
 旧暦7月15日を単純に1カ月遅らせた、
 今の日本で最も一般的な「お盆」の時期です^^ →詳しく読む


 *「そもそも、"地域"とか? "盆入り"? とかってナニ???」
  というあなたはこちらをどうぞ


今週のお花紹介メルマガでは、
どうしてお盆にハスなのか、
その由来や
ハスの花の豆知識をまとめて紹介します>▽<*




今日はビデオはありません。 が
そのかわり!

お盆にまつわる過去記事特集!!

★1:お盆ってなに?
★2:お盆って一体、いつのこと??
★3:ハスとスイレンって違うの?
★4:ハスの花ってどれくらい大きいの?
★5:ハスの実って知ってる?
★6:ハスの根っこ(地下茎)は野菜の…
★7:ハスの花が咲くときポンと音がするって本当?
★8:ハスの葉はホントに傘にできるのか?
★9:珍しい図:ハスと睡蓮の競演



わおw(°0°)w

結構いっぱいありましたね~~
読むの大変カモ^^;


でも、一読しておくと
きっといつか お盆の準備をするときに役に立つと思います♪

(いま 関係ないよ~ってあなたも
 結婚すると 
 「お盆のしたくをしなさい」って言われたりするかも~)

なお、
「お供え用のお花」については こちらのビデオをどうぞ^^

ではまた^-^/



●わたしが持ってるものを ぜんぶ! あげたいから!>▽<
「お花屋さんの花飾り」が全部!
スーパーのお花でできちゃう通信講座
【おうち花マスター講座】


『花のあるおうちになれるメルマガ』で
 一緒に花と暮らしましょ♪


●0~5歳児のママへ 花とあそんで
 子どもが学校に入って勉強に困らなくなる
 「おさんぽ花育」復活予定♪ メルマガでどうぞ^0^



こんにちは^^
おうち花マイスター*本多るみです♪

わたし、めっちゃ「昭和」な家で育ちました。

おじいちゃん おばあちゃんって
ふつうにこういうふうに
チョンチョン切って、飾るじゃないですか。



竹に秋の野の花活け

わたしは、こういう 花飾りを
毎日見て育ちました。

そんなわたしからすると

お花はお金がかかる

なんてことは ない!  んです。


ホラ、だって。
昔ながらのこういう花飾りは


0円よ。
 

これが、あたりまえ。
何も恥ずかしくなんてない


あなたにも、そう 感じてもらえますように。


もちろん、現代は
0円で花いっぱいになるほど野の花が残ってないから
花屋さんを使うことになるんだけどね^-^*

花を買うときも、

1輪だから恥ずかしいとか
安い束しか買わないのは恥ずかしいとか
スーパーの束を買うのは恥ずかしいとか


そんなことは何1つ、ないんだよ!

っていうことを、もっともっと、伝えたいです。



祖母も父も
庭の植物を チョンチョン切って飾っていました。

実家の花飾りたち

実家の「摘んだ花」飾り~毎日これを見て育った

実家の「摘んだ花かざり」1

後ろのかざりアップ
実家の「摘んだ花かざり」2
  ↑
右上のひょろっと伸びた実は
5月にオレンジの花が咲いてる
「ながみひなげし」の実を摘んできたって


メダカの横にも^^
実家の「摘んだ花かざり」3
  ↑
これも、道ばたにはえてる「こばんそう」

みんな 「摘んでポン」 しただけです。

こういう 花飾りを
わたしは 毎日 あたりまえに見て育って
当たり前 だと思って過ごしてたのです。



これらの花飾り

「庭や路肩に生えてる植物を チョキンと切って
家にある入れ物に入れて 飾って
小物を添えた」


いまわたしが ブログで飾ってる 「3分フラワーアレンジ」って
ほんっと ズバリ 『このまんま』 なんですよね~



そう、だからこそ

「あえて伝えよう」 なんて ずーーーっと 思い浮かばなかった。

わたしにとっては
物心ついたころから
毎日、ずーっと、「そこにあったもの」 で
「あたりまえ」 だった。


でも わたしの 「あたりまえ」 は
育った家の外に出たら ぜんぜん 「あたりまえ」 じゃなかった。


あらためて

わたしは 「この家」で育ったから
この 「あたりまえ」 を持っていて

わたしは この 「あたりまえ」 がとても 大好きで
いとおしくて

自分の子どもたちにはもちろん
もっとみんなに伝えたいから

今、こういうことをやっているんだな。

と、 思いました。



何を飾っても 良いじゃない!(*´▽`*)


みんな、そんなに悩まなくて、いいよ~

器も、実家のは 花瓶だけど
家にあるコップ、カップで大丈夫だよ~

その辺の草花、摘んできても ホントに飾れるよ~


って、

この花かざりが「あたりまえ」だったわたしだから

やっぱり、口に出して言い続けたいな

って、思うのです^^


そんな 「摘んで飾る」ができるようになるために

・何を摘めばキレイになるのか
・水をシャキッと吸わせるには
・どう飾ればきれいに見えるか



「摘むものがない」なら
スーパーの束売りの花1つでいい^^

・質の良い花を買うためには どんなお店で
・どこをチェックすれば長持ちする花が買えるのか

・傷ませずに無事に持ち帰るにはどうしたらいいのか
・家に着いたらしなくてはならないことは、たった1つ!

・家にある器からピッタリなものを選ぶコツ
・どう飾ればきれいに見えるのか



ふつうのお花教室では
ふつう 教えてもらえない
「お花のきほんのき」を
ビデオと図解で お伝えしているのが

【おうち花入門講座】です^^


「お花って いいなと思うけど難しそう」
「お花を怖くてさわれない」

「でも・・・ホントは
 野の花や
 ちょっとした花を自由に飾れたらいいのに」

そう思っていたら
【おうち花入門講座】へどうぞ。
「花を飾れる人」に なれますよ^^





では また^-^/