おうち花マイスター*本多るみ
おはようございます^^
『おうち花マイスター』本多るみです♪


さて、今週の、3月17日木曜日は・・・


「卒業式!」

という方もいらっしゃると思いますが^^
   (おめでとうございます♪)

暦としては
『春のお彼岸(ひがん)』 の 
「入り日(いりび)」 です(・ω・)/



スーパーなどでも、そろそろ
お供え用のお花や
お供え物、ぼたもちなどが並んでいるのでは^m^


・・・ハイ。

ここで!
今さら聞けないシリーズ!ヽ(゜▽、゜)ノ

「お彼岸って、何???(((゜д゜;)))」


お彼岸(おひがん)とは・・・

ざっくり言うと
「春分の日」と「秋分の日」 のことをいいます。


つまり、春と秋の2回あり、年によって日が変わります。
今年の春分の日は20日です。

春分・秋分は、最も「彼岸」=「あの世」に近い日、といわれ
この日に先祖をまつる風習があります。

いまの時代なら、「お墓参りに行く日」と思えばいいでしょう^^


「春分の日」「秋分の日」の当日を
「真ん中の日」=「中日(なかび)」と言い

中日の 前3日・あと3日 の 合計
「7日間」を『お彼岸』と呼びます。


この、彼岸の1週間に「入る日」を『入り日(いりび)』
終わるひを『彼岸明け』 といいます。(・ω・)/




今年の春のお彼岸の場合は、
20日が春分の日だから
入り日は3日前の 17日になります
   (*毎年変わります)

本来、『入り日』に
花を用意して
お墓参りに行くのが好ましいとされています。


が、都合がつかなければ彼岸中ならOKです^-^*

    なので、お彼岸の花屋さんは実はけっこう忙しい~



お墓用のお供えのお花に関しては
お盆の時の記事を参考にしてくださいね


お墓に備えるお花「仏花」の基本ビデオ↓




そして、『春のお彼岸』のお供え物が
さっきもチラっとでてきました

ぼたもち です!

『秋のお彼岸』のお供え物は おはぎ


お菓子自体は、同じものです。

もち米にあんこまぶした、アレです。

最近はどっちも「おはぎ」って名前で売られてますが(in神奈川)
春と秋では本来、「呼び方」が違います。

「おはぎ」と「ぼたもち」の名前の由来や
お彼岸のもっと詳しい話はこっちでね


ではまた^^/




関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する