おうち花マイスター*本多るみ
こんにちは^^

おうち花マイスター*本多るみです♪

ゴールデンウィークが近づくと、 お花屋さんやホームセンターに
かわい~~い 苗ものがたくさん! 並びます。
そう、「ガーデニングシーズン」です^-^*

「でも、お庭がないから」
「広いベランダもないし」

ってあきらめていませんか?


じつは・・・

「植え替えない」から 簡単だよ、 って お話している「寄せ鉢」ですが・・・

もうひとつ大きな特徴が 「室内用」 だっていうところ。


「寄せ植え」ってさ、ベランダとか、庭で 鉢に植えて
=戸外
 っていうのが ふつうですよね。
 (観葉植物の寄せ植えだったら、室内でもいいけど)


これに対して

「寄せ鉢」って、もともと 「室内かざり用」 なんです。

「かご」や「布」を使うあたり
もともと 「室内用」だっていうのは なんとなく分かるかも。

キレイに咲いている花を、「一時的に」室内で楽しもう、みたいな感じです。

だから、庭や広いバルコニーがなくっても、大丈夫!^-^*


ただ、
本来、外で 日光の下でよく育つ 花の苗を使った場合は
「長持ちする」といっても 2週間~もって1か月くらいかな。

おうち花マスター講座5月寄せ鉢例5

「今ついているお花」 が終わってきたら
1回切って、やっぱり、外に植え替えてあげたほうが いいです。
消耗品だと思っても、切り花よりはずっと長持ちするけどね。


もともと「室内で育てるのが向いている」 花・植物を使った場合は
ずーーっと 室内に置いておいて 大丈夫^^

お花は1回咲き終わっても、そのまま室内でOK

「グリーンだけ」の場合も 室内で大丈夫^^


 (↑イメージ。この写真の左上のベロペロネ(こえびそう)は 外のほうが良いです;)


でも、寄せ植えと違って
終わった花を入れ変えるときも
苗を入れただけだから
スポッと抜いて、入れ替えが簡単です。

おうち花マスター講座5月寄せ鉢例4

もし庭やバルコニーがあれば、
花が終わったあとは、こんどは戸外で育ててあげると
もっと楽しめますね♪


この「寄せ鉢」 入れるだけ、ではあるけど
きれいに作るには
「苗の選び方」と「入れるときのバランスの取り方」に コツがあります。


明日まで、『寄せ鉢づくり』から開始する
【12カ月おうち花マスター講座】の新規受講生を限定受付中です^^


ではまた^^/


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する