おうち花マイスター*本多るみ
おはようございます^^
おうち花マイスター*本多るみです♪

今回、クリスマス1DAYレッスンで
「菊の花でクリスマスやりますよ~」って
大々的に、「菊だよ」って言ってみました


そういえば、講座はじめたときから
「菊でクリスマス」
でした♪ 2010年かな?

ほら、菊でしょ^0^



花なしクリスマス^0^♪



もっと昔の写真を出してみました!

ガーベラ1本クリスマス♪以下2009年ごろ



カンガルーポーでクリスマス♪



葉ボタンで クリスマス♪



カーネーションクリスマス♪




多肉植物で クリスマス♪



これもクリスマス♪



クリスマスで飾ったわけじゃないけど っぽい♪



うん。

今回、改めて
「菊の花でもクリスマスできるよ」って
そこを取り上げてお話してるけど


わたしの飾る花は もともと

菊・カーネーション・木の実・葉っぱ っていう

超長持ちなものが ほとんどなのよ。

あとは 庭やそのへんの道ばたで摘んだ植物とか。



何が言いたいかっていうと


花は そんなに
 「スゴいもの」「特別なもの」「手が届かないもの」 
じゃない


ってこと。


もっと あたりまえに
もっと 毎日そこに
あるものだし、あってあたりまえ。

っていう感覚に
みんなが なったらいいな


って思うんです。


もちろん、バラとかランとか
トルコキキョウとか
高級な、とっても美し~~いお花を
ドーンと使ってお祝いする

「ハレの日」 があっていい。

誕生日とか 結婚記念日とかね。


でも、「ハレの日にしか花はないもの」
っていうのは なんか寂しいし

そういう 「特別なもの」だと 「遠い」じゃない。

自分の毎日の生活と、お花との距離が遠い。


で、なんで遠くなっちゃったんだろう?って考えると

●今ある お花の教室が 「ハレの日用」「プロデザイナー養成」で

●毎日お花を摘んで飾る日本の慣習 が すたれてしまった


この2つだと思ったの。


お花の教室が悪いんじゃないのよ。
むかしは、「毎日花を摘んで飾る習慣」が 「家庭にあった」から
特別な日のためのものがあれば それでよかったの。

でも 時代が変わって

「毎日花を摘んで飾る習慣」が 「家庭にない」


わたしが 変えたい!

というか

「戻したい」 「回帰したい」

のは 「ここ」 なんです。




マンションになって
戸建ての周りもコンクリートになっちゃって
野の花は減ったけど
なくはない。

どんな道ばたにも 植物は「ある」
スーパーに行けば 花を売ってる。

田舎なら、野の花たっぷり!

だから、現代だって
「毎日 あたりまえに花がある暮らし」 は
できるんです。



「できるんだよ!」 って
「こうすればいいよ!」 って


伝えたいんだなあ、わたし。


子どもが生まれるときに始めたから
こうして ネットを使ってやっているけど

やっぱり、直接 お店を見て歩いたり
直接花に触れてもらって
路傍にも植物があることを見てもらって
実際に手に取ってやってみる。

その「体験」をすると、

ビデオやブログ100ページ見るより 「身に付く」 と思うんです。


だから、実体験 できる場を 作ってみました。



作ってみたはいいけど

毎月の講座配信・発送あるし!
本の原稿はあるし!
小学校のPTAの仕事もあるし!

ちょっとここのところ かなりテンパってます^^;

うーん

この 無理のない調整 というのを
来年は うまくなりたいです。


12月6日 クリスマスキャンドルアレンジ の受付は
明日 27日中までです^^


ではまた^-^/

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する