おうち花マイスター*本多るみ
おはようございます^^
「自分で花を選んで飾れるようになる♪」
【おうち花マスター講座】の 本多るみです♪

ちらほらお話したこともありましたが
最近はサッパリ話してなかったので 知らないかも?

じつはわたし、息子が生まれたときから 絵本を読んでます。

息子が1年生になったとき、
「お母さん絵本読みに来て!」 というリクエストで
小学校の読み聞かせボランティアも始めました。

定期的に読み聞かせがあるのは 1・2年生だけだから
4年生の息子のクラスにはもうほとんど行かないのだけど
息子が小さい頃に読んでいた絵本を持って行きます。
 

おもしろいのは クラスでまったく反応が違うこと。

自分の思ったことを どんどん言える場所だっていう
安心感が子どもたちにあるクラスは スゴいの!

先生のちからって大きいな~ (先生の違いだと思う)


1年生に読むのに持って行ったのが この写真の真ん中の4冊。

読み聞かせ やってます

あとは、先輩ママさんからいただいてきました(*^_^*)
  
「のろまなローラー」
「でんしゃでいこう・かえろう」 は

むかし息子が図書館で借りたとき気に入っていたけど
買わなかった本♪ ありがたい~
今度の読み聞かせにもっていこうかなー


基本、わたしは 「自宅の、息子が読んでいた本」 の中から
絵本を持っていきます。

絵本選びに たいへんお世話になっているのがこちら。

童話館の配本を頼んでいます

「童話館」 の配本です。

息子が生まれる少し前から
かれこれ10年以上 お世話になっています。

この絵本のセレクトが ほんとうに素晴らしくて
子どもの心の世界を育ててくれているのがわかるんです。
 
なので、配本されなかった「予備リスト」の絵本を中心に
図書館で息子が気に入った絵本を
コツコツ集め・・・

狭い自宅が絵本だらけになっています^^;

でも、絵本は 一生モノだからね。
大事にしていきたいと思います。


この童話館の配本の すっごく素敵だなとおもっているところは

童話館って、もとは「町の本屋さん」なのですが・・・
世界中の図書館の蔵書を調べて
むかしの、出版されなくなった絵本の版権を買い取って
じぶんのところで出版社を立ち上げて 日本で出版をして
子どもたちに配本しているところです。

すでにこの世からなくなってしまった素晴らしい絵本の発掘と
その復刊をしてくださっているから
すばらしい絵本が届く
それを小さな町の本屋さんがはじめた

そのことにとても感銘を受けています。

語り切れないので
メルマガでちょこちょこと
我が家と絵本の話も おはなししていきます^^



きょうは 午前中雨で 息子の野球の練習が昼からになりました

午前中はひさしぶりに絵本を息子と読もうかな?


ではまた^-^/


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する