おうち花マイスター*本多るみ
こんにちは^^ 
花と暮らせるようになる♪
【おうち花マスター講座 動画レッスン】主宰*本多るみです♪


今日、9月9日は
【重陽の節句】(菊の節句)です^ー^*







菊の節句、って、知ってました?




日本の節句は
奇数の月の ゾロ目の日。


古くから慣習としてあるものの、
現在で言う「節句」は江戸時代に制定されたもので

年に 5回あります^ー^


・1月1日(元旦) ・松、千両、菊
・3月3日(桃の節句) ・桃、菜の花
・5月5日(端午の節句) ・菖蒲、花菖蒲
・7月7日(七夕)  ・笹
・9月9日(重陽の節句) ・菊





ちなみに、

「じゃあ、11月11日は何かないの?」

って思っちゃいますけど、

ないです^ー^;

(縁起が良い「陽数」は一桁の奇数)





【重陽の節句】とは


陽が重なる、と書くところからも想像できますが
陽数の最大値である「9」が重なる日で
おめでたい意味。


平安時代ごろから  無病息災・長寿を願って
邪気を払い、長寿の薬効があるとされる菊を観賞し、
菊酒(菊を浮かべた酒)を飲みながら漢詩を作る節会を開いていました。



9月9日は、今の太陽暦で言うと10月15日頃。

今も
「菊の鑑賞会」が行われるシーズンですよね^ー^/





現在の9月後半の「敬老の日」の由来に
起因しているとも言われています。
「菊を見る」以外の
敬老・長寿を祝うという趣旨が同じなので。




と、ここまで読んで



「菊って、縁起悪い花じゃないっけ?」



って思ったりしたら



ワタシのブログ・メルマガを
読み始めたばかりとお見受けします。





菊は、「日本の国花」
(日本の国花は菊と桜の2種あります)

天皇家の御紋でもあり


いちばんおめでたい、高貴な花



なのです^^





振袖などの着物の柄でも
菊の花の柄は「おめでたい」もの。

無病息災・長寿を祈る意味が同じなので
「七五三」の祝い花も菊です。









「え??
 でも縁起悪いって思ってるけど?」


って感じるのは

お供え以外に菊の花を飾らなくなった時代だからといえます。




お正月や 重陽、 
七五三のお祝い花は「菊」ですが

普通に暮らす人々が
こういう日々に「お祝いに菊の花」って

”飾らなくなった”でしょう?





本来、位の高い花「だから」
葬儀やお供え「にも使う」のですが
(海外のバラやユリもそうです)

普段「お祝いに菊」を飾らなくなったために
葬儀やお供えの印象が強くなってしまったのでしょう。







菊って
日本で一番
おめでたい花!



なんですよ!





本来の旬は10月~ですが

花屋さんの季節はちょうど1~2か月ぶん早いですし
「敬老の日」や「お月見」もあるため

菊の花が旬になります^ー^*



いまは、花屋さんでは
「菊」と呼ばず「マム」と呼んでいることが多いです。




日本から海外に輸出された菊は
「マム」と呼ばれ海外で大絶賛!

とても美しいうえに
花色も豊富でめちゃ長持ち!
 とくれば
農家さんも花屋さんも飾ってほしいのです。



「菊」と呼ぶと悪印象で避けられてしまう昨今 TnT

菊の名ではなく「マム」と呼んでおります。




とてもとても美しいので
ぜひ 今年は
菊の花に目を留めてみてください^ー^*

お花屋さんに「必ずある花」です


めっちゃ長持ち!! だからお得だしね♪



和のイベントにはもちろんですが
洋風にもイケますよ^ー^*















ではまた ^ー^/




 
花のあるうちになれるメールレッスンL


わたし、本多るみは こんな活動をしています^^

「ワーママでも毎日ホントにできる! 超カンタンな」 
お花の買い方・
お手入れ・基本の飾り方がわかる♪
『おうち花基礎講座メルマガ』(無料)

 
「お花屋さんのアレンジ」がぜんぶ! スーパーの束売花でできちゃう通信講座♪
ただいまのお申し込みは 9月のコンテンツ
「子どもと拾った木の実で作って1年着せ替えして楽しむ簡単リース」から^^
段階的に ブログの内容+α から始まりますので安心してね♪
 
基礎が心配な方には 【基礎講座】があります^-^/ 
基礎が分からないままプロになってしまった花屋さんや教室の先生にも人気♪

 

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する