おうち花マイスター*本多るみ
すみません。
市場の話の予定ですが、先日、どうしても納得できないことがあったので愚痴らせてください。


開店祝いのアレンジを、社用だから、「あなたの会社のはよかった!」
と言ってもらえるようにと、作っていたところ。

『スタイリッシュにされちゃ困るんだよね。
 全部ラウンドで、グルーピングもなしでやってくれないと』

『他のスタッフが作れないから、
「この間本当に良かったから、またあんなのがいい」
 って言われたときに困るんだよね』

なんじゃそりゃあ。


だったら教えろよ!
喜んでもらえてお客さんに指名うけるくらいに皆がなれよ!


非常に店の姿勢に疑問を感じました。


確かに、「店舗」として、常に同レベルの商品を提供することも大事でしょう。
ムラがあってはいけない、という考えですね。
それも分からなくはないです。

店頭に陳列展示しておく商品や、シーズン企画品などはそれがいいと思います。


だけどさ、高額のオーダーメイドでそれはないんじゃないの!?
社名がかかっていたり、個人だって、信頼とかかかってる大事な御用で
喜ばれないものを渡してどうするの!?
喜んでもらわなきゃ商売じゃないでしょ!?プロじゃないでしょ!?
その場その贈り物にあわせた花を作るのが花屋の仕事じゃないの?

よりいいものを作れる人が少ないから、作れる人も作っちゃダメってどういうこと!?
それじゃ、作れる優秀な人材が腐るだけでしょ!?
お客さんにだって失礼なことこの上ない!!

「これがウチの決まりのスタイルだから、これ以外は作りません。」

なんて押し付けはわたし絶対納得できません!!!

お客さんのがっかりする顔を見るために作るなんてイヤです。
(案の定、がっかりされました・・・すごくイヤでした)
お客さんが万単位のお金を出すのに、納得できないものを渡すなんて耐えられない!!





まあでも、 
『お客さんが違うスタイルを希望の場合は作ってもいい』
らしいから、ご注文を頂くときに気をつければ対応できそうな気はします。
『お客さんのたってのご希望で』
をとりつけるようにすればいいのであればそうしますとも!
やってやるぜバカヤロー!! 負けない!!


絶対お客さんが喜びの御礼を言いにきてくれるような
相手の人に喜んでもらえるものを作るんだ!!
それは絶対に譲らないもんね!!!


まあ、
新しく入ったわたしがそういうの作るのが気に入らないだけかもな・・・
とか思ったりもしてます。
↑こういうイビリはよくありますんで・・・


会社の姿勢には従わなくてはいけないので、そこそこにね^^;




あ~~~~~
お金と体力があったら独立したいなああ~~~~~






* 別件で、やはり万単位で作った花束の配送を頼んだ方がお礼に来て下さいました。
  (このときは、好きに作ったけど他のスタッフもいて何も言われなかった)

  「毎年花をもらっているけど、今年のはすばらしかった!!」
  って先方にお礼を言われたって。本当にありがとうって。

  やっぱりうれしいですね。
  贈る方にも、もらった方にも、両者に喜んでもらえてなんぼの仕事です。
  こう言ってもらえるものを作り続けたい。
  モメない程度にお客さんを優先します^^


 にほんブログ村 花ブログへ ← ランキング参加中!クリックで応援してね^^
本館Blumelenemへ← 暮らしに関わるお花のまめ知識 本館blumelenben もよろしくです^^
関連記事
コメント
この記事へのコメント
同じ気持ちです!
こんにちは。mariです。お返事ありがとうございました。今回のお話、るみ様の気持ちよ~く分かります。

私も独立する前、とある楽天のプリザーブドフラワーを扱う会社にいたのですが、他の人はアレンジの経験の無い人ばかりという職場で、オーダーメイドの注文があると、みんなサーッとひいて、私ばかり作っていました。

でも、お客さんが望んでいるのに、マネージャーが言う言葉は「今、ここにある在庫で作れるものを作ればいい」でした。で、結局納得のいかない代替品を使って、イマイチな商品をお客様に渡すことになったり、自腹をきれば問題ないだろと自分で足りない物を買ったりしてました。

それと、プリザーブドフラワーは環境(湿度、温度)が大事なのに、それにはお金もかけてくれなくて、どんどん変色していく在庫を見て悲しい思いがしました。

で、最後の極めつけの一言が、「定価12000円の商品をつくるのに原価が普通4000円のところ、それ以下で12000円のボリュームや質の物ができたら、それ以上花材を使う必要は無い」でした。あまりの卑怯さに腹が立って「辞めます」宣言しました。

そういう事があって、今私は殆ど利益がないけれど、安くて且つセンスの良いアレンジをお店で販売しています。(センスは人それぞれなのでで、るみさんには受け入れられないかもしれませんが)

みんなが気軽に買える安くて高品質なアレンジを提供するが、今の私の目標です!
そして当たり前ですが、るみさんと同じくお客様の要望により近づけるように!
2006/01/27(金) 13:06 | URL | mari #-[ 編集]
どんな商売でも店舗としてある一定以上の商品とサービスを提供することは必要ですが、お花って一つ一つ違うものですし、違うのが当たり前だし、今以上の商品を提供できるのになぜそれを認めないのかほんとうによくわかりませんね。確かに店のカラーもあるかもしれませんが、一つ一つ丁寧に希望を聞いてつくるというオーダーメイドスタイルってお客様の満足度が高いことはどんな商品にも当てはまってきています。お客様の目も肥えてますし…。いやいや、会社(その人)がそう言うことで、誰の満足も得られない、お客様もるみさんも。もったいないですよね。その人って罪ですね~。私も納得できるものを提供して喜んでもらえることに価値があると思います。「お客様のご希望で~」で頑張ってください~。
話はそれますが、お客様から注文を受けた人が作るのですか?注文を受ける段階で作る人が注文を聞くのですか?(すみません。アレンジをと言われた段階で、言われた人が作るのか、言われた人から他の担当者に変わるのかということなんですけど…)
2006/01/27(金) 13:30 | URL | milk jam #-[ 編集]
ネコのこと
すみません、2度も。るみさんのコメントを読み返してて、「あっ、ネコの事書き忘れてたー」と思ったので。

我が家には、Mダックスフンドのさくらと、アメリカンショートへアのブルーと、まだ子猫(4ヶ月)のメインクーンのルイがいます♪

私はblogを始めたのは昨年の夏くらいからで、その時初めてネコで「メインクーン」という品種がいると知りました。

あまり普通のペットショップでは売っていないので、見かけないかもしれないですね。私も色々調べてわざわざ2時間近くかけて買いに行きました!

なんと世界最大の猫だそうで、大きいものはなんと10Kgにもなるそうです。(普通の猫の2倍)
そして、しっぽはまるでアライグマや狸のようになるそうです!

これから、ルイが大きくなって毛もフサフサにふくれて、たぬきシッポになるのがすごく楽しみです。

是非、たまにblogに遊びに来て下さいね!それと、できたら私のアレンジの批評をして下さると嬉しいです。目が肥えている方の意見も知りたいので。

では、よろしくお願いします!
2006/01/27(金) 15:37 | URL | mari #-[ 編集]
だから独立ですよ!!
 やっぱりそのお店のスタイルがあるからその通りの指示に従わなければならないとは思います。僕も自分のデザインなんかは笑い飛ばされたり、お客さんに出せるかと言われたこともあります。でもお客さんは喜んでいるんですよ。でも全く素人でこの世界に入ったのでこんなもんかと割り切っていましたけどね。ただ独立してはじめはどうしても修行していたお店のスタイルが基本になってしまっていて、しっくりこない期間がありました。他の花屋さんを見てもどれも同じようにしか見えなかったり。だったらお客さんや同業にどう思われようと自分のスタイルでやってみようと。そしたらお客さんが徐々に増えてきた。ちょっと斬新じゃないとか言われるようになった。この時ようやく自分のスタイルが間違ってなくて、信念を持ってやってよかったと思いました。花って1本1本全部違うし、毎回毎回違うところに雰囲気があるんじゃないかなと思います。ありきたりは誰でも素人でも作れます。そうじゃない物を作るのが本物だと思います。だから独立して自分のスタイルを築くのが一番いいような気がします。大変にはなりますけどね。
2006/01/27(金) 21:30 | URL | モーク #-[ 編集]
花に限らずだと思うんですけど。
消費者の事を考えないで、自分の店の都合の事ばかりを考えていたら自然とお客が離れていってしまうんじゃないですかね。
使う人の立場、身になってやるからこそ固定の客がつくんだと思います。
温室で花を切って出荷するときにもこのバラを家で飾るであろう人のことを考えたら、何千本の中の1本だって傷んでいたらダメですよね。その1本を買う人がいるんですから。

雇われている身ではいろいろと制限があって大変だとは思いますが、もめない程度にやっちゃってください(笑)。
2006/01/28(土) 12:49 | URL | あっつん #-[ 編集]
そうですね・・・
私はお花屋さんにかかわらないところで働いています。消費者の立場から言えば、みなさんに拍手を送りたい・・・そういう花屋さんばっかりだとうれしいなぁ~~♪
実は、今回のこの件とはまーったく関係ないんですが、先日あることで、会社でいやーなことがあったんです。
ある部署がすごく忙しくって、自分の仕事をしているときにお客さんから電話があると自分の仕事はできず、残業続きで、仕事に対するチェックが不十分でミスが起きてしまうのは当然だ~みたいなこと言われてしまいました。
その部署の人との打ち合わせが終わってから、自分の上司に「あんなに忙しいっていってるんだったら、増員はできないの??」と聞くと、そういうのってもっと上の人に懇願しないとね・・・難しいんだなぁと思いました。
人を当てるのも予算がからんでるようで(その辺がよく私にはわからないけど)収支を考えると、やはり我慢しないといけないようなんです。でも、ミスが続いてしまって、今は小さいミスでも、取り返しの付かない大きなミスに発展しそうで、怖いなぁ~と思いました。
独立されて、成功されている方はいいけれど、社員やアルバイトを抱えて、収支のバランスがうまく保てないと、保守的になってしまい、思い切ってデザインした花を売ることができなかったり、教育も不十分だったりするのかも。
世の中難しいのかもしれません・・・

長くなっちゃいましたが、皆さんの言うとおり、いいお花を作ってもらえると、買い手はすごーくうれしいので、これからもジャンジャンいいもの作ってくださいね!!
2006/01/28(土) 17:07 | URL | こねこ #ihn3MyrQ[ 編集]
やっぱり独立ですね~~
みなさま、熱いコメントありがとうございます!

みんな同じような経験があるんですね^^;

mariさん、ほんとに、そういう体制は頭にきますよね。
自分が店長だったときは、そういうのをどんどん変えられたのである意味良かったのだけど、現在はそういうわけにもいかないので、妥協点を探ります。
メインクーンという種類は、聞いたことはあります!ルイちゃんほんとに可愛いですね、こんな子が家にいたら私写真とりまくって大変なことになります、きっと^^;
アレンジの件に関してはまた改めて・・・


milk jamさん、お店をやり始めると、いろいろなお客さまの要望やクレームと、店の経営のやりくりをうまく進めるための「点」を探るのにどこも大変なのですよ・・・
だから、この人の言うことも一理はあるのです。
方針の違いですね。
アレンジは、ご注文を受けた時点でお持ち帰りなら、その場で受けた人が作るのが基本です。
(技術的にまだ作れないスタッフが受けた場合は、作ることのできる人に引き継ぎます)
後日製作の場合は、受注した人がその日にいればその人が作りますが、休みの場合は他の人が作ります。
↑でもこれも、お店によって違い、製作は特定のスタッフ(店長など)しかやらない、というところもありますのでいちがいにはいえません。


モークさん、そうですね、やっぱりだから独立なんですよね!
自分の考えのある人ほど、雇われで働くのはキツくなる、ということは聞いてはいたし、分かってはいるのですが、現状ではそれでも現場に立てるだけでもありがたい、というのが実情です。
店舗を持たない方法なら小資金でも独立も可能だとは思いますが、今のところは生活で手一杯なのでムリですねえ・・・
でも、いずれはやっぱり独立したい!!という夢を持って頑張りたいと思います!


あっつんさん、そうですね、花に限ったことではないと思います。
店の姿勢にそういう片鱗を見てしまっても、雇われている身ではあわせなければならないので辛いですね。
でも、もめない程度に、やっちゃいます。お客さんを見て、出来る範囲で頑張ります!ありがとうございます!


こねこさん、会社ってほんと難しいですよね。
この花のことも、「じゃあできない子に教えたら」とは思っても、教えられるだけの技術のある店長やサブの人は他に自分の仕事が山ほどあるんです。教える時間って、やっぱり取れないんですよね。
スタッフの子に残業してもらったら経費もかかるから、会社から残業させるなと言われたらたとえ意思があったとしても無理になりますし。
それでも毎月生活費をもらえる保証を取るか、精神的にそれが耐えられないなら独立してすべての責任を自分で負うか、なんですよね。
従業員を雇うと経営が厳しくなるので、余計保守的になる傾向は確かに感じます。ほんと難しいですね・・・

2006/01/28(土) 22:35 | URL | るみ #DgPTpst2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する