おうち花マイスター*本多るみ
気づけばまたかなりお久しぶり~
になってしまいました^^;

気を取り直してシーズン質問1つ。


「パンジーを買って植えたのですが
 なんだか買ったときの色や模様?とは
 どんどん違ってきてしまったのですが」



はいはい。

パンジーの花色や模様は
同じ品種でも「1株ごと」にもかなり違いがあり
「同じ株の花」でも1輪ごとにも違います。
さらに、「気温」によっても色の出方が変わります。





そうですね~
じゃあうちのパンジーでひとつ例を。

これはうちに今年植えた
「クリスタルマーメイド」 という品種のパンジーです。
”どれも”です。

クリスタルマーメイド花色幅

こういうのを、「株の個体差」の「色幅」といいます。

1株ずつの違いの幅がかなり大きい場合、
花についている説明ラベルに
「黄色~ブルー・紫まで色幅があります」
のように書かれていることが多いです。

このような「色幅」の大きい種類は
花屋さんで、同じケースに同じ品種の株がたくさん入っている時に
ケースの中が大体同じ花が咲いている」か
「1ケースの中でかなり色の幅があるか」でも見分けられます。
(1ケース1種類入りの場合だけですが)

   ↑
1ケースに4~5種類やそれ以上入っていることもあり
この場合はちょっと見分けがつきませんね^^;




で、この「色」は、気温によってもかなり変わります。
秋の購入時の色と、
冬の寒い間の色はかなり変わります。

気温が高い時のほうが「花色が淡い・明るい」場合が多いです。
寒い時のほうが「青みが強くなる」のが一般的かな。



上の写真の「クリスタルマーメイド」たちも
現在は、こんなに淡いブルーやうす紫ではなく
かな~り濃いめの紫色をしています。

「顔」模様(=ブロッチという) も濃くなってます。



こういう変化は、もう、「あるもの」
「あることが自然なもの」 ですので

「色が変わっちゃった、いやだな」 と思うよりも
「「どんな色に変わるんだろ~う」
「どんな色が出るのかな~」


”ワクワク”してください、ぜひ。


”楽しみに”していると嬉しいですよ~

「あっ、今日のこの花、いい色~わたし好み~」
と思うとその1輪を拝借して小さめのワイングラスとか
おちょことかに飾ると可愛いです^^*




このような花色の変化は
同じく今の時期の花
クリスマスローズにも多いです。

去年は八重咲きだったのに
今年は一重だよ
なんてこともあります。

でも、それを 「楽しんで」 ほしいなあ~
と思います^^



人間だって、みんな同じ日本人だけど
1人1人顔も違うし
同じ人でも年月を経れば
人相も変わります。

「いつでも全く同じ」事を求めるんじゃなくて
せっかく相手は「生きている」のですから
その成長っぷり、変わりっぷりを
見守りたいではありませんか。


花の活け方とかも同じなんだけど
おおらかな気持ちでね~~~^^*


にほんブログ村 花ブログへ ← ランキング参加中!1日1クリックで応援してね^^
本館Blumelenemへ← 暮らしに関わるお花のまめ知識 本館blumelenben もよろしくです^^
How To 結婚式へ ← 式場を選ぶ前に必見!「結婚式のウラ実情」満載の姉妹サイトもね*^^
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する