おうち花マイスター*本多るみ
今日は質問から1つ、いきま~す


「花をもらったのですが、セロハンは取るのですか?
 そのまま飾るのですか?」



はい、これはですね。
できるだけお花を長持ちさせたいのであれば、
セロハンは取ってください。



あ~、そうかー、そうでしたね。

花を贈る時」 と
自分用に花を買うとき」のことは書いていたけど
「花をもらったとき」のことって、書いていませんでしたね・・・^^;


基本的には、「お花長持ちのコツ」ページに書いてある事が
同じように、”かなえられれば良い”のですが
これだけで推察してね、っていうのはちょっと、いやかなり説明不足ですね。
すみません。

あー今度本館にもページ足したいなあ。
(そんなのばっかでいつになるやら^^;)



ええとですね、
これ、花束をもらったときはそんなに困らないというか
セロハン外さないと飾れませんので外すと思いますが

最近は、水のゼリーや、水を入れたカップにセットした上で
ラッピングしてあり、「このまま飾れます」というような花束を
用意しているお花屋さんも多いです。

こういうタイプの商品は、
そもそも、花束をもらって、
ラッピングをほどいて「飾る」ということ自体が既にめんどくさい、

という人のために作られたわけですね。

なので、「ラッピングをつけたまま」で飾れるようには
「できています」。

でも、お花を長持ちさせる、という面で見るなら
ラッピングペーパーやセロハンはほどいて
「花だけ」にして飾り、
(花束を縛っている紐や輪ゴムはそのままで良いです)
水を変えたり茎の切り口を新しくしたり、
という事をやった方が「長持ち」はします。



アレンジメントの場合も同様で、
セロハンついたままでも飾れるのですが
どうしても蒸れますので、
セロハンをはずして、ちゃんと毎日水を足したほうが
「長持ち」はします。



ただ、「必ず外さなくちゃ飾っちゃいけない」
というほどガチガチには考えなくて良いです。




先の通り、
「ラッピングをほどいで飾るのすら面倒くさい」という人は、
せっかくそのまま飾れるように作ってある花束なら
そのまま飾っていいんです。

そのままではすぐ枯れてしまう普通の花束を
放置して枯らしてしまうよりは
アレンジメントやこのようなお手軽タイプの花束を贈ったほうが
「セロハンついたままでも」
普通の花束を放置するよりは長持ちしますからね。



また、開店祝や展覧会のお祝いなどで
「戸外」にアレンジメントを置く場合は
逆に、ハダカで置いておくと
強風や車の排気ガスなどで痛むのが早くなります。

このような場合は、「風よけ」として
セロハンを付けておいた方がもつ、という事もあります。



ですので、これもケースバイケースってことですね。

(なんか全部そう言っている気もしますが^^; 
 でもホントなんだよ~)



お花のためには、外したほうが蒸れなくて良いけど
その時その時の状況を見て、
外したほうがいいか、つけたままでいいか、考えて下さいね。


にほんブログ村 花ブログへ ← ランキング参加中!1日1クリックで応援してね^^
本館Blumelenemへ← 暮らしに関わるお花のまめ知識 本館blumelenben もよろしくです^^
How To 結婚式へ ← 式場を選ぶ前に必見!「結婚式のウラ実情」満載の姉妹サイトもね*^^
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する