おうち花マイスター*本多るみ
060128.冬の市場3


昨日はみなさまコメントありがとうございました!^^
元気出ました!
もめない程度に頑張ります!


今日は市場の話にもどります~


『機械式セリ下げ方式』ってなんぞや!?
花の市場の「セリ」ってどーなってるの??
ということについてちょっと説明します。


いま、花市場の「セリ」は機械になっているところが多いです。
手を挙げるんじゃなくて、機械のボタンを押せばいいのです。
わたしのように、女性には嬉しかったです。
おじさんにまじって手を挙げる勇気、ないですから^^;

そして、セリのやり方は 「セリ下げ」 になっています。

どういうことかというと・・・


これは、はじめにMAXの金額を提示して、そこから値を下げていき、
「これなら買う」という値で購入者(花屋さん)がボタンを押すことで
卸値が決定する方法。

値を上げていくセリではないので
花屋さんはみんな、周りの花屋がどのくらいの値でボタンを押すか、
様子を伺ってます。(バラならバラ、ユリならユリ がしばらく続くので)

大体の値は、季節・時期や天候で決まってはいますが、
花が多かったりして競争率が低いと、皆なかなかボタンを押さないのでどんどん値が下がります。

1本10円とかになっても買い手がつかないこともあります。
・・・ちょっと農家さんがかわいそうになる瞬間です^^;
花屋は助かりますけどね。



でも今は、さらに「セリ」よりも、
セリにかかる前に市場の言い値で引き落としてしまう方法が主流になりつつあります。
こうなると、セリに出る花自体が減るので、さらに引き落としにするお店が増え・・・
セリもそのうちなくなるかも!?






このセリ、始めの値段と最後の値段は数字が出ますが
セリ下げている途中では、円グラフのような電光板のライトが消えていくだけなのです。

なので、ライトが円の半分まできたらいくら、
4分の1がいくら、というのを考えないとボタンが押せない=買えません。
予算ってものがありますから^^;

円グラフが100円から始まれば、3/4=75円、半分=50円、1/4=25円 になります。
1,000円なら10倍すればいいだけだし
50円、500円や200円、2000円なら、なんとなく感覚的に分かります。


しかし。


いきなり、 『ハイよ!』 と言われた瞬間
300円 とか 750円 から始められると
頭がパニックになります。

「ちょっと待ってえぇぇ~~!?」

と思っている間にセリが終わってしまいます。
怖いです。


ノートに、いくらから始まったらココでいくら、という
表を作って、一生懸命覚えてました^^;
これはなかなか慣れなくて、しんどかった~~~



 にほんブログ村 花ブログへ ← ランキング参加中!クリックで応援してね^^
本館Blumelenemへ← 暮らしに関わるお花のまめ知識 本館blumelenben もよろしくです^^



関連記事
コメント
この記事へのコメント
市場に視察に行ったりすると思うんですが、よく皆さん瞬時に判断してボタンを押してるな~って。最初は混乱しますよね~。始まる値段も毎回違うし。

今ではネットによる前売りが主流になってきてセリにかかるのはネットの売れ残りだというイメージさえついてくるようになりました。私はちょっとそれには納得できない面もあるんですけど、その辺は私のブログに書いてありますから暇なときに見てください。

市場はセリを無くしたいのかな~。以前話を聞いたときにそのうちネットで取引をして、現物は生産者のほうから直接買った人のところへ送ってもらう時代が来るかもしれませんって言ってたけど。じゃあ、市場の存在意義は?って思いました。

そうなったら直売したほうがいいな~。大変なんだけどね、直売も。
2006/01/28(土) 22:53 | URL | あっつん #-[ 編集]
たびたびすいません。
るみさんのこのブログ。私のブログにブックマークしていいですか?
2006/01/28(土) 23:12 | URL | あっつん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/01/28(土) 23:14 | | #[ 編集]
楽そうですけど大変そうです。
 機械ゼリは機械ゼリで大変そうですね。地方はまだまだ手ゼリなので。ただ機械だと新しく入った者も気にすることなく落とせそうだし、セリ人のひいきとかもないんでしょうね。そう考えるといいのかな。
2006/01/28(土) 23:52 | URL | モーク #-[ 編集]
リンク
るみ様

こんにちは。mariです。
すみません、「あっつんさん」のコメントを見てふと思い出しました。

今、HPには「リンク集」と、「店長's Diary」でFC2さんを利用しているので、そこの「お気に入り」と2つがあるのですが、もう既に勝手に自分が見たいからと「お気に入り」にこちらのblogを入れさせて頂いていました。

このままリンクに入れさせて頂いても宜しいでしょうか?
2006/01/29(日) 12:48 | URL | mari #-[ 編集]
お好きにリンク貼ってくださいまし(喜びます!)
あっつんさん、そうですね、市場はセリなくしたいみたいにも思います。ネット上のシステムだけ受け持つつもりなんでしょうかね?
各地に農家さんが直送するのも手間がかかって大変なように思いますけど・・・(これも花屋は便利ですが^^;)
リンクの件ですが、どうぞうどうぞご自由に、というかむしろお願いしますm(- -)m
わたしの方からもMyBlogListに入れさせていただきますね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!


モークさん、そうなんですよ、初めてでも買いやすい、という点では非常に助かりました。手ゼリは・・・緊張してしまいそうです。多分手を挙げろ!と言われる方がわたしにはツライです^^;


mariさん、全然、まったく、どっちでも構いませんので!
リンクしてくださるだけでうれしいです。
こちらからも、mariさんのブログの方をリストに入れさせていただきますね。
どうぞよろしくお願いいたします。
2006/01/29(日) 17:20 | URL | るみ #DgPTpst2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する