おうち花マイスター*本多るみ
品種改良がキライなわけじゃないです。

060212.ripヤンルース&ナイト



チューリップ ヤン・ルース(深紅) & クイーン・オブ・ザ・ナイト(濃紫)
ピンポンマム セイ・ファウスト





先日(「青いバラを見た!?」昨日のコメント
青いバラをそこまでして自然に反して造らなくてもいいんじゃないの?

とは言ってますが、品種改良そのものはとっても楽しみです。

毎年、新顔が出てきてはニンマリしてます*^^*



青いバラ って、やっぱり特別な存在だと思うんですよ。
”この世に存在しない、神があえて創らなかったもの”
として、人間の”夢”や”希望”の象徴だったものですよね。

それをテクノロジーで、可能だから、
といって造ってしまうというのはいかがなものだろう?
そんなことまでしてしまっていいんだろうか??
というギモンが頭をかすめるのです。

クローン人間ほど大問題なわけでもないんでしょうけど
「ありえないものを造る」という点では同じことなんじゃないの?
って、やっぱり心のどこかでひっかかるんですよ。


青い色素を持たないバラを、
それでも頑張って、青みの強い花を掛け合わせて
青い色素がないのに青紫っぽい!!
という花を咲かせるバラをがんばって作るところに
育種の醍醐味がある気がしてしまうのです。


わたしは、生化学の勉強した人間ですから
遺伝子組み換えの技術そのものは否定しませんけど
こういう技術で忘れてはならないのは

わたしたちは「地球に生かされてる一己の生命」であって
「地球をどうにかしてしまえるような大それた存在ではない」
ということなんじゃないのかなあ。

でも、技術を手にすると忘れちゃうんだよね・・・


なんだか、勉強した人間なのに、
こんなことを言うのも変かもしれませんが
やっぱり、遺伝子操作で真っ青なバラが誕生しても
きっと、心の底から綺麗だとは思わないんだろうなあ。

ないものは、ないからいいんじゃないの?
見てみたいという興味はあるけどね。




今日の写真は、この間お店にわたしの好きな品種のチューリップが入荷したので1本ずつ買ってきたものです。

ヤン・ルース と クイーン・オブ・ザ・ナイト

品種自体はそう新しくもなくなってきましたけど
とっても好きな品種です。



ヤン・ルースは10年位前に出始めたのですが、
その頃はあまり切り花では出ていなかったので
(ナイトのほうはわりと出回っていたけど)
球根を捜して、植えてみまして。

「どんな色が咲くんだろう!?」
とわくわくしながら育てました。
↓これはその10年前の写真(掘り出してみました^^;)



  (インスタントで撮った写真なのであんまり写りが良くないですが;)

どっちかというとヤン・ルースのほうが好きかも。
写真だと良く分からないかもですが、
このビロードのような花びら!
重厚な花色!
これで八重咲きだと重すぎるんでしょうが
シンプルな一重咲きがちょうどいい感じ。
陽の光に透けるとまた、ちょうどいい深みの赤になって
それがまた綺麗なのです。

すっごく気に入って、切り花で出てくるようになったとき
仕入れたんですが・・・・・・・
その頃のお店では、色が渋すぎて売れませんでした・・・(ToT)

今いるお店では、けっこうこういう渋い色も
お客さまが目に留めてくれるので嬉しいです~
チューリップは可愛いだけ、と思っているアナタ!
渋い色もあるからね!!


一緒に写っているピンポンマムは、とても綺麗な色で
やたらと花びらが大きめの不思議なマムだったので
買ってしまいました^^

内側はサーモンがかっているのですが
外側はグレイがかったスモーキーピンクで
なんともその微妙な加減が美しいですv


 にほんブログ村 花ブログへ ← ランキング参加中!クリックで応援してね^^
本館Blumelenemへ← 暮らしに関わるお花のまめ知識 本館blumelenben もよろしくです^^


関連記事
コメント
この記事へのコメント
チューリップフリークです
先日の青いバラは、そうです。染めたものでした。
渋い色のチューリップは10年前からあったのですね。クイーンオブザナイトを入れた花束を作ってみたいです。遺伝子組み換えのお話しもっとお伺いしたいです。
2006/02/13(月) 01:42 | URL | アン #q7XswXQk[ 編集]
子供のころから
花の絵といえば「チューリップ」です。渋い色ですね。ピンポンマムも好きです。いろんなのがあってピンポンマムも楽しいです。
2006/02/13(月) 15:37 | URL | milk jam #-[ 編集]
今出回っている染めた青バラは。
ベンデラブルーってやつですね。ベンデラって言う白いバラに青の色水を吸わせるんです。大体生産者がやってますね。ちなみにロジータベンデラはベンデラの枝変わり。

最近の品種は花持ちばかりに目がいっていて、バラ本来の開いていく楽しみがなくなってきているように思います。動かないバラなんて飾っていてもつまらなくないですか?去年くらいから香りのいい品種が増えてきたのはいい事だと思っていますけど。

ところでイルミネーションローズって知ってます?暗い所で光るバラ。静岡の産地で作っています。吹きつけでも吸い上げでもないそうですよ。どうやって作ってるんでしょうねー。
2006/02/13(月) 22:19 | URL | あっつん #-[ 編集]
未知の物は未知の物
るみしゃんが言うように特別な存在の物はそのままにしておくべきですよ。夢も希望もなくなりますからね。技術は日進月歩。ただそれをどう活かしていくかが重要だと非常に思ってます。
2006/02/13(月) 23:13 | URL | モーク #-[ 編集]
アンさん
チューリップフリークですか~!
チューリップいいですよね~~
わたしも大好きですよ、チューリップ!
ナイトはピンク系の締めに使うのがわたしは好きです^^キリっとしますv
遺伝子組み換え・・・専攻するのすらやめちゃったので「さわり」しか知りませんがわかることはまた書きたいと思います。

milk jamさん
ピンポンマムもいろいろあって面白いですよね。
チューリップ、そう、そんな「花」の代表格なのに花屋ではけっこう嫌われ者なの(ぐっすん)
今日はその話書きました、悲しいよ~

あっつんさん
今日もバラねたをありがとうございますv
ロジータベンデラってそうだったんですね・・・よく出てますよね、今のお店はあまり仕入れてないけど。
咲くバラ好きですよ~
ジュリアとかマレーラとかカルトブランシュとか大好き!
日本人は咲いた花を嫌がる傾向にあるらしいですね、悲しいです。

モークさん
うん、そうですよね、何だか「何でもアリ」はよくない気がするんです。難しいですけどね。
青いばらは夢の中の物であってほしいんですよ、何だかね。
2006/02/14(火) 01:03 | URL | るみ #DgPTpst2[ 編集]
書き忘れたー!

あっつんさん、何ですかその光るのは!?
知りませんでした、吹きつけでも吸い上げでもないなんて、それも遺伝子組み換えなんでしょうか・・・
でも産地さんでそんなことまでできなそうだし・・・どうやっているんでしょう・・・??
2006/02/14(火) 01:06 | URL | るみ #DgPTpst2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する